AKB48出演の演劇が高評価で変わるアイドルシーン
AKB48の岩田華怜が劇団スイセイ・ミュージカル「広い宇宙の中で」へ出演し高評価を得ている。 先日も、AKB48グループメンバーが出演する「舞台「マジすか学園」~京都・血風修旅行」を当サイトでも紹介しすごすぎる松井玲奈の演技をオススメしたばかりだが「広い宇宙の中で」の岩田華怜の演技も非常にクオリティの高いものだった。 今回の役は、自分の出産と引き換えに死んでしまった母親への複雑な思い、そして残された家族との微妙な距離感を持つ12歳の少女。無邪気ながらもどこか壁がある少女を上手く演じた。ミュージカルなので歌唱もふんだんに取り入れられているが、しっかりとした歌唱とダンスは堂々たるもの。AKB48のコンサートやLIVEでは見られない岩田華怜の表情に感激を覚えた。 ここ最近でも、「HKT48指原莉乃座長公演」や、梅田彩佳、田野優花のWドロシーで話題となった「ウィズ~オズの魔法使い~」、SKE48もミュージカル「AKB49~恋愛禁止条例~」、AKB48グループ以外にも、乃木坂46が「じょしらく」、ももいろクローバーZやモーニング娘。’15も舞台を控えるなどメジャーアイドルの舞台出演が盛んに行われている。 「AKB48グループのメンバーが舞台に力を入れているのは、卒業後に女優として独り立ちできるようにという理由がある。特に舞台女優はドラマや映画の女優よりも息が長く、力もつきやすい。また、舞台でAKB48メンバー以外の俳優陣から受ける刺激も大きい。メンバーのモチベーションという部分でも、長らく選抜に選ばれていないメンバーでも舞台でしっかりとした実績をつめれば手応えをしっかりと得られる。(AKB48に詳しいライター談)」 AKB48グループメンバーが関係する舞台が人気を博する中で、アイドルシーン全体にも影響が及ぶという。 「アイドルが出演する舞台の人気がでることで、アイドルを主演にするなどする演劇のプログラムが組みやすくなる。今後、アイドルが関連する演劇が増えることは間違いありません。また、地下アイドルも演劇に力を入れるグループも徐々に出始める動きがあるようで、一気にアイドルと演劇が急接近し爆発的な人気を獲得しそうな雰囲気です。その起爆剤は、間違いなくAKB48グループとなりそうです。(アイドル雑誌編集談)」 ここ数年の「アイドル戦国時代」を支えていたのはLIVEが中心だった。その軸に、演劇/舞台が大きな活動の場所として加わり、新たなSTARが生まれていく可能性が拡がっていくだろう。 【AKBグループその他の記事はクリック】☆AKB48楽曲ラインナップは【クリック】