カンヌ映画祭の長澤まさみが可愛すぎると話題に
第68回カンヌ国際映画祭のレッドカーペットにて、女優 長澤まさみが2014年に続きショパールのジュエリーを着用した。 女優たちをこの上なく輝かせるカンヌのレッドカーペット。今回、女優 長澤まさみを華やかに彩るジュエリーはショパールのハイジュエリー コレクションより“テンプテーション”のリングとイヤクリップ。スタイリッシュで洗練された輝きを放つペアシェイプのオパールやアメシストなどのカラーストーンが、長澤まさみの美しさや女優として凛々しさをより際立てている。 女優 長澤まさみのほかにも、アカデミー賞受賞女優のジュリアン・ムーア、ルピタ・ニョンゴ、シャーリーズ・セロン、フランス人女優ソフィー・マルソー、エマニュエル・ベアール、ファッションモデルのドウツェン・クロース、中国人女優でショパールのアンバサダーも務めるファン・ビンビン、レバノンの女優及び映画監督であるナディーン・ラバキー、イギリス系アメリカ人女優ローラ・カーク、イギリス人俳優ジャック・オコンネルなど、多くのセレブリティがショパールのジュエリーを身にまとい、華々しくレッドカーペットを歩いた。