B’zが広島・黒田投手に書き下ろした楽曲に乗せ「交流戦」CM
3月27日(金)にプロ野球が開幕し日々、熱戦が繰り広げられている。5月26日(火)からは「日本生命セ・パ交流戦」が始まりセ、パ両リーグのチームが戦う。 スカパー! ではこの交流戦を盛り上げるべく、5月15日(金)より最新TVCM「もっと、ドキドキな毎日「黒田篇」(30秒)」を放送する。 メジャーリーグからドラマチックな復帰で広島ファンはもちろん、プロ野球ファンに感動を呼び、今季最も注目される黒田博樹投手。TVCMでは黒田投手のMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島の登場曲として書きろしたB’z『RED』とタイアップ。 『RED』は黒田投手をアメリカから帰って来たサムライにイメージを重ねて曲作りをしており、B’zが特定のアスリートのために曲を手掛けたのは今回が初。黒田投手の男気や直向きな姿勢が感じられる楽曲となっており、52枚目のシングルとして6月10日(水)に発売することが決定している。 その楽曲に乗せて黒田投手のヒーローインタビューや名場面などを放送する。また、広島エリア限定で放送される60秒のTVCMでは、黒田投手の名場面とともに『RED』の詞が、楽曲のタイトルであり広島東洋カープのチームカラーである「RED」で映し出される。 黒田投手の名場面や、『RED』の世界観が、5月26日(火)から始まる「日本生命セ・パ交流戦」の熱戦や名場面を期待させる。