生駒里奈 最後の「AKB48 チームB」まゆゆ手紙で号泣
乃木坂46 交換留学生の生駒里奈が、丸1年の歳月を経て、5月14日(木)「AKB48 チームBの生駒里奈」として最後のパフォーマンスをAKB48 劇場にて行なった。 初めての劇場公演では緊張を隠せないまま、大きな瞳を潤ませながら「名前を呼んでもらえるか不安だった」と語った生駒が、AKB48 チームBメンバーの一員として着実に地位を確立し、前回の第6回選抜総選挙では見事選抜メンバーの14位を獲得。誰もが「AKB48 の生駒里奈」を認めた矢先の交換留学終了となっていた。 冒頭MCでは、恥ずかしながらファンの声援を制しつつ、メンバーからの「精一杯見送りたい」という言葉に目を潤ませる。中盤ユニットでは、渡辺麻友と最後の『てもでもの涙』を心なしか力強くそして切なく歌い踊り、MCでは「生駒ちゃんを褒めて褒めて褒めまくろう!」というお題で、先ずはみんなから「(乃木坂46 の新曲)センターおめでとう!」とお祝いされ、渡辺からは「全部だよ。存在自体が。見た目も可愛くて、この前の最後の握手会でレーンが初めて隣同士で、ずっと生駒ちゃん見てたんだけど、なんて愛らしいこと…。生まれたてのひよこちゃんみたいで本当にかわいいと思って。なのに中身は肝が据わってる。こんな小さな体なのにすごいパワーを持ってる。(生駒ちゃんを褒める話題は)話出したら止まらない。」とべた褒めされ、生駒は顔を赤らめ恥ずかしそうに笑った。 公演終了後には、‘12 月29 日’に19 回目の誕生日を迎えた生駒の生誕祭が行われ、休演のキャプテン倉持と伊豆田からケーキが運ばれ、「みなさんを安心させられるような、しっかりした人になりたいと思います。」と19歳の抱負を語りました。そしてサプライズで渡辺麻友からの手紙が本人から読み上げられた。兼任発表の日からの二人の数々の思い出が綴られ、「兼任前より見違えるほど成長したと思います。今のいこたんに怖いものなんて何もありません。AKB48 で学んだことを生かして、乃木坂46のセンターとしてグループを引っ張って行ってください。これからは違うフィールドでお互い頑張っていこうね。ずーっと大好き!」と言われると、大きな瞳から大粒の涙が流れ落ちた。 「最初の頃は乃木坂のメンバーにしか頼れなかったのに、麻友さんとかチームB のみんなが‘大丈夫だよってフォローしてくださって、支えてくれるメンバーがいるって思っただけで強くなれたし、最初はAKB48 は芸能人だし大先輩だったのに、こうゆう風に仲間と思ってくれることがうれしいし安心しました。本当に恵まれているなと思います。本当にありがとうございます。」と返事。最後は、チームBでの『おいでシャンプー』を披露し、生駒里奈はAKB48を卒業した。 【生駒里奈コメント】※公演MC抜粋「元々アイドルらしいかわいい仕草ができなかったのですが、チームB に兼任した途端にできるようになりました。これは数々のステージを作ってきたアイドルチームB の力が自然に入ってきたんだな、と思いました。意地っ張りだし負けず嫌いだしいろいろな形で心配や迷惑をかけてるのに、いつも支えてくださって本当にありがとうございます。こうして支えてくださるみなさんは偉大だなと思います。これからは、ちょっとでもみなさんを安心させられるように頑張りたいと思います。これからも応援よろしくお願いいたします。全部が初体験で、自分がどうするのがいいのか悪いのかがわからい状態で歩いてきましたが、乃木坂に入る前は、頑張っている人を遠くで見てる側だったのに、この兼任を通して、支えてくださる方の素晴らしさや、頑張ることの素晴らしさを知ることができて、兼任活動期間は周りの支えてくださるすべてのみなさんへの感謝でいっぱいでした。」 セットリスト1 初日2 必殺テレポート3 ご機嫌ななめなマーメイド4 2人乗りの自転車5 天使のしっぽ6 パジャマドライブ7 純情主義8 てもでもの涙9 鏡の中のジャンヌ・ダルク10 Two years later11 命の使い道12 キスして損しちゃった13 僕の桜~アンコール~14 ワッショイB!15 白いシャツ~生駒里奈を送る会~おいでシャンプー写真=(C)AKS 乃木坂46がMCのアイドル番組「生のアイドルが好き」【ゲスト:乃木坂46/黒崎真音/東京パフォーマンスドール/妄想キャリブレーション/篠崎愛】【乃木坂46その他の写真記事はクリック】☆【乃木坂ファンクリック!】ここだけオリジナルボイス!楽曲も!