仮面女子神谷えりなが長年苦しんだ目の病気 手術を決意
仮面女子の中心的メンバーで、”神乳”と呼ばれグラビアでも大活躍の神谷えりなが目の持病について手術を決意したと、自身のブログで発表した。 5月12日、突然ですが、皆さんにご報告です。と切り出されたブログには、「約1年半前の話になります。私はほとんど劇場公演をお休みしていました。私は高校生の頃から斜視をもっています。後天的な内斜視で突然発症しました。そうなるといま自分がどこに立っているか分からず、ステージが見えなくなり真っ直ぐ立てなくなるのでライブが出来なくなります。」と辛い過去を振り返った。 「手術が決まりました。私の中では人生が変わる一大手術です。私は必死に治したくて、本気で悩んで、何回も苦しんでいたのに。やりたいお仕事も満足にできなくて、毎日が悔しくて何度も泣いて、なんで斜視なんだろう?ってずっと自分に問いかけてた。私はみなさんに告白をして平気なフリをしていたけど、本当はやっぱりあまり触れられたくなかったのも本音です。」と綴り、何人もの医師に原因不明の宣告を受けてきたという。しかし「手術で治る」という答えを出してくれた医師がいたそうだ。 さらに神谷は「一回の手術で治るかはわからない。でも0だった可能性に希望がみえました。答えをくれたこの先生を信じたいです。だって治るかもしれない。治るって言ってくれたんだもん。」と希望の光の中によぎる一抹の不安も吐露している。今月末に手術を行うという。詳細は彼女からまた報告がある。 【ここでしか見られないアイドルコラムはクリック!】・アリス十番楽曲はdwango.jpで!