カーリー・レイ・ジェプセン × ローラ 仲良しコラボMV公開
カーリー・レイ・ジェプセンの新曲『アイ・リアリー・ライク・ユー』でカーリーとモデル/アーティストとして活躍するローラの最強のコラボが実現!スペシャルコラボ・ミュージックビデオが完成した。 二人の共演のきっかけはカーリーの『コール・ミー・メイビー』の楽曲についてローラがSNSで投稿したことからスタート。 そして、ローラ自身が同楽曲のパロディ・ビデオを日本でいち早く制作し、動画サイトで公開し話題に(現在、1,700万回以上の再生回数を記録)。そんな二人は、カーリーがプロモーションで来日した際に、初対面。その際「いつか二人で一緒にミュージックビデオを撮りたいね。」という約束が交わされ、今回のコラボが実現した。 本スペシャルコラボ・ミュージックビデオは、カーリー本人が語る楽曲コンセプトである、「まだちょっと“愛してる”と言うには早すぎるけど、ただの“好き”よりも“ホントにホントにホントに好き”という関係」=「アイ・リアリー・ライク・ユー」のメッセージがわかりやすく伝わるように、カーリー、ローラの2人をはじめ、今回ミュージックビデオ撮影に関わった全てのスタッフ、そしてこのビデオをご覧になる方々がハッピーに包まれるような内容になっている。 今回のビデオの撮影は、4月上旬、カーリーのプロモーション来日の際に行われ、カーリーは、「前回来日した際にお会いしたのに続き、今回また久しぶりに会えて、友だちと一緒にプロジェクトをできることが嬉しかったです。」とコメント。ローラも、「Me Too! 私もすごいなんか、楽しかったし、前回会えてるので、全然リラックスして、もうずっと踊って、おなか痛い、今。踊りすぎて(笑)」と久々の再会を喜んだ。 撮影については、「オープニングのシーンでカウチ(ソファ)でおしゃべりするシーンがあったのですが、本当にローラさんがラスヴェガスに行った時のお話を聞いていて、本当に友達と久しぶりに会って「どうだったの?」とか話す感じで、カメラが回っていることも忘れるくらいでした!」(カーリー) 「なんかすごいキュートな部屋だったし、あと、ダンスがもともと大好きだから、まだまだ踊れるくらい、もう、すっごい楽しかった!」(ローラ)とコメント。 「ハッピーでキュートなビデオだから、大人から子供までみんなに見てほしいな。」(ローラ)が語る、スペシャルコラボ・ミュージックビデオはカーリーの日本公式ページで公開中。