ニューヨーカーも大熱狂! 小嶋陽菜センターAKB48がセントラルパークでライブ
5月10日、ニューヨークで行われた「JAPAN DAY @ セントラルパーク 2015」のステージにAKB48が出演した。 「JAPAN DAY @ セントラルパーク」は今年で9年目を迎えた日米文化交流イベントで、AKB48がニューヨークでパフォーマンスを行うのは、2009年以来のこととなる。今回、「JAPAN DAY @ セントラルパーク 2015」に参加したのは、小嶋陽菜をはじめ、岩立沙穂、大島涼花、野澤玲奈、平田梨奈、武藤十夢といった6名。僧太鼓、空手、鼓舞、ダンスといったパフォーマンスプログラムの大トリに登場し、『ヘビーローテーション』『恋するフォーチュンクッキー』といった大ヒット曲5曲を披露した。 セントラルパークの特別ステージ前には5000人以上のニューヨークのファンが集まり、ヘビーローテーションでは合唱が起こるなど、大熱狂で迎えられた。 ステージ登場前には、地元メディアによる囲み取材も行われ、ニューヨークの方々のAKB48への関心度の高さがうかがえた。 ●「JAPAN DAY @CENTRAL PARK 2015」メンバーの感想 小嶋陽菜すごく楽しかったです。まさかセントラルパークで歌って踊れる日がくるとは思ってなかったので、こんな大きなJAPAN DAYというイベントに出させていただき、光栄でした。6年ぶりくらいのニューヨークの公演だったのですが、日本のファンの方々とは応援のスタイルも違うので、その当時を思い出して、初心にも戻れました。また機会があればニューヨークでパフォーマンスをしたいと思います。 武藤十夢すごく楽しかったです。ニューヨークだけでなく、アメリカに来ることもが初めてだったので、言葉が通じない方々の前でパフォーマンスすることに不安があったのですが、コールとかしていただき、すごく嬉しかったです! 大島涼花初めてニューヨークに来て、JAPAN DAYに参加できて嬉しかったです。もっともっと海外の方々にAKB48を知ってもらえるように頑張りたいと思います。あと、自由の女神はタイムズスクエアにあると思ってたので、島にあってびっくりしました! 平田梨奈出身地であるアメリカに帰ってきて、公演ができたことがうれしいです! ファンの皆様があたたかく、「ひらりー」と声をかけてくださり、自分のことも知っていただけていたこともすごくうれしかったです。 なお、今回のステージの模様は、後日、AKB48公式チャンネルにて配信予定。 (C)AKS 【AKBグループその他の記事はクリック】AKB48楽曲ラインナップは【クリック】