超豪華バンド「the day」ツアー最終日にSuperflyがゲスト参加
仲井戸麗市(G)、中村達也(Dr)、KenKen(B)、蔦谷好位置(Key)からなるバンド、the day。 2012年、RISING SUN ROCK FESTIVAL出演を期に結成。ブルースとファンクを基調とし、全員がボーカルを担う独自のサウンドスタイルを展開。ライブ活動をベースとし、これまでGREENROOM FESTIVALやSWEET LOVE SHOWER、Sky Jamboreeなどの多目的フェスに出演を果たしてきた。そんな彼らが、遂に自主制作初音源(CD / アナログ)を発表する。 気になるその内容は、各メンバーがリードボーカルを務める4曲で構成されたミニ・アルバムという仕様で、CDと12 inch VINYL盤が準備されている。これらは5月11日(月)からスタートする東名阪CLUB QUATTROでのライブ会場から先行販売が開始される。これを記念して、この度 the day のオフィシャルサイトがオープンされた。 また、ツアー最終日(18日)の渋谷公演にはSuperflyの越智志帆が1曲ゲストボーカルとして参加することが決定。the day のミニ・アルバム発売記念に伴い実施される、東名阪ライブツアー “TOUR MIRAGE” 。この最終日にあたる5月18日の渋谷クアトロでのライブに、Superflyの越智志帆がゲストボーカリストとして参加することが決定した。5月27日に発売されるSuperflyのニュー・アルバム『WHITE』の初回生産限定盤にも収録される、RCサクセションの『スローバラード』を1曲だけ歌うという贅沢な演出が予定されている。