AKB48ドラフト会議で次世代エース獲得の予感
5月10日(日)に「第2回AKB48グループ ドラフト会議」が、東京・有明コロシアムにて開催される。 今回は47人のドラフト候補生たちが集結、ドラフトにかけられることになる。このドラフト会議はAKB48/SKE48/NMB48/HKT48/NGT48の全チームキャプテン(SKE48はリーダー)、ドラフト候補生をスカウトする「スカウトマン」(スカウトマンはそれぞれのチームメンバーから選出)で協議の上チームに必要な人材を獲得する。開催に先駆け、メンバーからも様々な意見があるこのドラフト会議。まずは、第一回のドラフト会議はどうだったか?現在、各チームに所属したメンバーの中で、選抜に選ばれるなど活躍をしているのはAKB48川本紗矢、HKT48山本茉央、SKE48惣田紗莉渚、SKE48神門沙樹、NMB48須藤凜々花、その他のメンバーも劇場を中心に活動をしている。 アイドルグループがドラフトを行う、しかも選ぶのは現役メンバーという実験的なイベントだったにも関わらず、各グループとも着実に次期エース候補の人材を育て上げ、第一回目のドラフト会議は成果を上げたと思われる。 そして、第二回目となる今回。参加するドラフト候補生も増え、新設されるNGT48の参加も決まった。ファンの中にはドラフト開催に疑問を呈する声もあるが、今回はさらにヒートアップすると予感させる。参加メンバーを観ても、下は小学生から大学生、東京女子流の山邊未夢妹・山邊歩夢の参加もアイドルファンの間では話題となっている。 第一回目の開催は、本番までどうなるかわからない部分も多かった。しかし、今回はすでにやることは決まっている。しかも、事前に各チームの代表が入念に参加者を確認している状況だ。 そしてこのドラフトが非常に重要なイベントになると思う理由は、現在AKB48グループでは圧倒的伸び率でHKT48がグングンと先輩グループに迫る勢いを見せている。48グループ内でしのぎを削る中、各グループ・各チームが自分たちに足りないメンバーを、そして次世代のエースを本気になって探すのは当然だろう。これだけ全国/アジアにグループが存在し、チームも多くなったAKB48グループ。もはや、AKB48グループの中で自分たちのポジションを確立するのでさえ至難の業。だからこそ、選出するメンバーも真剣にならざるを得ない。そして、勢いにのるHKT48がさらに加速するために若手メンバーを補充出来れば、指原莉乃の悲願でもある天下統一も現実味を帯びてくる。それぞれのグループ・チームにとっても良いメンバーを補充出来なければ死活問題となるのだ。 今回のドラフト会議では、果たしてどれだけの少女が夢をかなえることが出来るのか?ドラフト会議で、AKB48グループの未来が切り開かれる、そんな気さえしてくる。 写真は、各劇場に前座で登場したドラフト候補生=(C)AKS 【AKBグループその他の記事はクリック】AKB48楽曲ラインナップは【クリック】