ミリヤ主題歌舞台、日本最高峰のソロダンス公開
世界的にも注目を集めるカリスマダンサーが一堂に会す舞台『ASTERISK~女神の光~』。主題歌を加藤ミリヤが務めることも話題となり注目を集めているが、公演初日となる本日(5月8日)、公式HPにて主演のKoharu Sugawaraのダンス映像が公開された。 「ASTERISK~女神の光~」は、日本のトップストリートダンサーが一堂に会し、ひとつのストーリーを紡ぐ進化系エンターテインメント舞台。強力なカリスマ性をもつダンサーMIKEYこと牧宗孝(東京ゲゲゲイ)の総合演出振付・脚本のもと、現在最も注目を集める世界的ダンサーKoharu Sugawara、多彩な舞台表現者・原田薫、マツコ・デラックスなど数多くの著名人ファンを抱えるs**t kingz(シットキングス)など、エンターテインメント界が最も注目するストリートダンサーたちが、唯一無二、日本最高峰のステージを見せつける。 今回公開された映像は、加藤ミリヤが書き下ろした主題歌「女神の光 feat. 牧宗孝」の上で定点カメラでソロダンスを披露するKoharu Sugawaraの演舞。舞台の演出を手掛けたMIKEY曰く「今回の舞台は、ストーリーや演出など全てにおいて、この曲で踊るクライマックスのために作った」と語るほど重要なシーンの練習風景とのこと。このダンスで表現したかったことが何なのか、非常に気になるところだ。 舞台『ASTERISK~女神の光~』は本日5月8日から国際フォーラム(ホールC)で開催。 加藤ミリヤ楽曲はこちら