「トウキョウ、アイタカッタワ!」テイラー・スウィフト日本公演に10万人
7度のグラミー賞受賞シンガー・ソング・ライター、テイラー・スウィフトが、最新アルバム『1989』をひっさげた世界ツアー、「ザ・1989・ワールド・ツアー」を5/5と5/6、日本を皮切りにスタートした。 会場となった東京ドームには、貴重なプレミアムチケットを持ったファンが集まり、テイラーのファッションをまねたファンの姿も見られた。 「コンバンワ!トウキョウ!1989ワールド・ツアーの最初の夜へようこそ!」という掛け声とともに、スタートした公演では、『シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!』をはじめ、テイラーの代表曲である『私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない』のロック・ヴァージョンなど全18曲を余すところなく披露。 ライヴ中には「モリアガッテル?」や「トウキョウ、アイタカッタワ!」などの日本語を披露したり、また観客に「 #1989TourTokyo がTwitterのトレンド1位になってるって!皆、つぶやいてくれてありがとう!」やワールド・ツアーの初日を東京で迎えたことに対し、「私はいつも皆に愛してるって伝えてるでしょう?そして、皆もそれを信じてくれている。1989ワールド・ツアーをここで始められて本当に良かった!そうすることでみんなを愛しているということを証明できたと思うの!」と喜びのコメント。 ライヴの終盤に、「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!」を披露すると、観客も一緒になって大合唱!最後にテイラー本人が「みんな今日はすごく上手に一緒に歌ってくれたわ!トウキョウ、ジャパン、みんな愛してる!」とコメントし、ライヴを締めくくった。 各日52,000人が集まり、計10万4千人がテイラーの豪華なパフォーマンスに歓喜した。