V系だらけの「超ニコびじゅステージ」大盛況で閉幕
超会議2015に登場したV系だらけのステージ、「超ニコびじゅステージ」の大トリを飾ったのは「vistlip」「SuG」NIGHTMAREからはYOMI/Ni~ya/柩が登場。 大人気バンドが集結したことにより、会場内は急遽立見席が併設されてもなお人が入りきらず、ブースを取り囲むような人だかりで溢れる程の超満員となった。 智は行ってみたいブースに、恐竜の化石が展示されている「超遭遇スポット」を挙げるも、星野に「あそこは待ち合わせスポットですよ」と教えられると「バリはずいです…」と照れた表情をみせた。海は「ニコびじゅ」ステージの目の前にある「ニコニコ学会」で行われている3Dプリンタの話が気になるからと、「見に行っていいですか」と星野に尋ねたりとそわそわしていた。 行ってみたいブースに「大相撲 超会議場所」を上げたmasatoがトークをしている中、会場全体にざわざわと笑いの波が起きた。なにかと思いきやmasatoが話してる後ろでYOMIがモニターに向かって変顔を連発していたのだ。その後もSuGメンバーが話している間、便乗して柩が変顔。そしてまさかのNi~yaも変顔を披露するなど自由奔放な姿を見せるNIGHTMAREメンバー。その後のNIGHTMAREの自己紹介ターンでは、masatoが画面の端に映っていたことから「変顔をするんじゃないか……!?」と会場がざわざわしだしたが、武瑠から「うちのまーたんはそういうのやらないんで‼」、星野から「キャラがあるから!!」と守られていました。そんな渦中のmasatoは照れた表情を浮かべると、顔を覆い隠していた。 こんな超人気バンドのメンバーが一堂に会することは中々ないということで、全バンド混合し行ったフリートークでは、「この機会に聴いておきたいことはありますか?」という星野からの問いかけに、海が「shinpeiくんはそういうの(ニコニコちゃんのカチューシャ)つけていいキャラなんですか?」と質問。「SuGのメンバーはこういうのやらなそうだから」と自ら装着することを選んだというshinpei。その流れから、Chiyuがカチューシャをつけることになり、Chiyuの要望により、巻き添えを受ける形で柩の元へ。このカチューシャ、ニコニコちゃんを取り外しできるとのことから、最終的には柩の頭には4つのニコニコちゃんが並びさながらメイドさんのような装いに。そんな状態の柩から、「なんでこういう状態でメンバーは助けてくれないんですか?」と質問。「なんなら(Ni~ya)は付けるの助けてくれましたからね」と続けると、会場内に爆笑が巻き起こった。 『ニコびじゅ様の言うとおり』のコーナーでは、Tohyaの引いたお告げが「自画像を描いてください」だったことから、全員でお絵かき対決をすることに。vistlipからは智。SuGからはshinpei。NIGHTMAREは柩とYOMIどちらが描くか揉めに揉め、最終的にお絵かきはYOMIが担当。柩はお絵かきをしている間に画面いっぱいにドアップを映される担当になることに。そしてお題は「柩の似顔絵」に決定。 代表者が真剣にお絵かきを行っている間のフリートークで、Chiyuがコメントに多数投稿されていた「Ni~yaシャイニングってなんですか?」と質問。しかし、Ni~ya本人も分からないとの流れから、何故かコメントで「海ハリケーン眼鏡」「YOMIブレード」と当人の必殺沢のようなコメントが多数投稿される。最終的にChiyuのフリからTohyaが「シャイニングスマイル」という「自称一番かわいく見える変顔」を披露。 絵が完成すると、YOMIはデフォルメされた、shinpeiは個性的な柩というよりは海の、智はリアルな柩の似顔絵を公開。ニコ生視聴者アンケートの結果、一番票数が少なかったSuGチームが罰ゲームとして早口言葉に挑戦。yujiが天龍の物まねをしながら「東京特許許可局」に挑戦。滑舌が怪しくなる分、より天龍に似るという現象が起きた。ちなみに瑠伊は、そうとうツボにはまっていたが、天龍は知らないという。 ファッションショー代表メンバーが着替えに行っている最中に、星野が10年かけて考案した、最後に「ちゅっ」という早口言葉に挑戦。Tohyaが「武瑠くんのも見たい!!」とリクエストすると、Chiyuが重ねて「柩のが見たい!!」とリクエストすることで武瑠を守った。結果的に盾となった柩は、「こんだけ弄られてるんだからそっとしておいて‼」と言いながらも挑戦。その後、まさかの柩が武瑠を指名。まさか自分に白羽の矢が立つと思っていなかった武瑠は「バラエティー的にChiyuでしょ‼」「自分こういうのあんまりしないんですよ~」と戸惑いつつも挑戦することに。Tohyaは「個人的に武瑠くんのスクショ欲しいんで後で誰か贈ってください」と募集をかけていた。挑戦者はチャレンジ後、恥ずかしそうな表情を浮かべていたが、ファン(とTohya)にとっては極上のサービスタイムとなった。 満を持して登場した『ニコびじゅファッションチェック』のコーナーでは、海/masato/YOMIが登場。海は黒で全身統一したファッションにバンドグッズを取り入れ、「こんなグッズを販売しているツアーが24日から始まっております」と宣伝を交えつつ自身のファッションをアピール。流石宣伝番長と呼ばれているだけのことがある。masatoは「まるで伊●丹」と説明したように、あの有名デパートの紙袋のようなジャケットで登場。穏やかな笑みで手を振る姿が何とも神々しく、Chiyuから「我を崇めなさい」とのナレーションを入れられていた。YOMIはスポーティーなジャージ姿に、ニコニコちゃんのマスクを装着して登場。さらにはジャージの前を開くとパツパツのスーパーマンのロゴTシャツという二段構え。マスクを装着しながらも「彼女とのジョギングを想定しました!!」と語るYOMIは、ステージ上で腕立て伏せのパフォーマンスを披露。投票の結果、1位海2位YOMI3位masatoという結果に。ワーストとなったmasatoには、Chiyuから「逆に考えてみ、1位やで」とのフォロー。ちなみに観覧者のみの事前投票では、YOMIが43票というミラクルな票数を獲得していた。 最後に、1人1人から視聴者へメッセージを届けるコーナーでは、それまで和気藹々と合いの手を入れていた出演メンバーが、柩のコメントにだけ無反応に。それに対して、Chiyuが「みんなひっつーが好きなんだよ」とフォローすると、「じゃあなんでもする!!」と先輩にも関わらず愛され、弄られ尽くす柩でした。 大盛況のまま幕を閉じた「超ニコびじゅ」ステージ。2日間MCを務め、最後は声が出なくなるほどに喋りつくした星野卓也に拍手を送りたい。これだけの反響を得た「超ニコびじゅ」ステージはきっと来年のニコニコ超会議へ、さらにパワーアップして登場するのではないだろうか。そして、今年の「ニコびじゅ」ステージの「ニコびじゅファッションショー」でワーストに輝いた、輝喜/ミネムラ/準々/HAL/masatoは「ニコびじゅちゃんねる」TOPページに4/27(月)より一週間写真が掲載されるので是非ともチェックして思い出を振り返ってほしい。そして、「ニコびじゅ」は毎週火曜日16時よりレギュラー生放送で放送されているのでチェックしよう。番組を通して「ヴィジュアル系」の熱意や思い、エンターテイメント性を感じ、それぞれのバンド自体へと興味を持つ機会の一つになるはずだ。(TEXT/河内香奈子) ☆秘蔵写真や楽屋裏動画などは【クリック!】【ゲスト:Royz/Chanty】ニコびじゅ