NGT48 ドラフト会議緊急参戦!北原、柏木の指名に注目
NGT48が、5月10日(日)に有明コロシアムで開催される「第2回 AKB48グループドラフト会議」に参加することが決定した。 現在、第1期生のオーディションの応募期間中であるNGT48(今月18日まで)だが、この度、AKB48グループドラフト会議への参加が緊急決定。これによりドラフト会議に参加するチームは、13チームとなる。 [AKB48(チームA、チームK、チームB、チーム4)、SKE48(チームS、チームKⅡ、チームE)、NMB48(チームN、チームM、チームBⅡ)、HKT48(チームH、チームKⅣ)、NGT48] ドラフト会議当日、各チームの代表メンバーがテーブルに着く中、今村悦朗劇場支配人、AKB48からNGT48にキャプテンとして移籍が決定している北原里英、AKB48との兼任になる柏木由紀の3名がNGT48として参加し指名を行う。 今回のドラフト会議でNGT48からの指名を受け了承したドラフト候補生は、今後のオーディションによって選ばれる第1期生よりも先にNGT48への所属が決定することになるが、他のチーム同様、研究生として活動をスタートし正規メンバーへの昇格を目指して活動することになる。ドラフト候補47名の中から、NGT48メンバーは誕生するのか…期待がふくらむ。 ●今村悦朗(NGT48劇場支配人)コメント NGT48は現在、第1期生オーディションを開催しており多くのご応募をいただいておりますが、グループの立ち上げという大切な時期ですので、さらに多くの人材を集めたいと思い、この度ドラフト会議に参加させていただくことになりました。 すでにドラフト候補生の資料には目を通していますが、ドラフト会議当日に生で見るパフォーマンスやアピールを加味して、北原里英、柏木由紀のふたりと相談しながら、指名する候補生を決定したいと思います。NGT48を一緒に盛り上げてくれる、新しい才能との出会いを心待ちにしています。 (C)AKS 【AKBグループその他の記事はクリック】AKB48楽曲ラインナップは【クリック】