渡辺美里30年の記念日に大阪で野外ライブ 『My Revolution』も披露
国民的な人気を誇る日本を代表する女性アーティスト渡辺美里が、1985年にレコードデビューしてから今年で記念すべきデビュー30周年を迎える。 そんな渡辺美里が、デビュー日からちょうど30年の記念日にあたる2015年5月2日(土)に、大阪城野外音楽堂で記念コンサート「30th Anniversary「春の美里祭り 30th Revolution」」を開催した。 渡辺美里はレコードデビュー前から大阪の人気ラジオ番組「ヤングタウン」のレギュラー・パーソナリティを担当。30年前のデビュー日も大阪に滞在していて市内のレコードショップに行って自分のレコードが本当に発売されているか確認するなど、デビュー時から大阪に非常に縁があった。 そこで、記念すべきデビュー30周年当日に大阪城野外音楽堂でアニヴァーサリー・コンサートを開催。 この特別な記念日を祝福するために集まった満員のファンを前に選んだオープニングナンバーは30年前の5月2日にリリースしたデビューシングルの『I’m Free』。まさかの選曲に観客は驚くと共に大興奮。「デビュー記念の日を大阪で迎えられることを感謝します」のMCの後も、2015年4月1日(水)にリリースしたデビュー30周年記念アルバム『オーディナリー・ライフ』収録曲を中心に、『My Revolution』などの代表曲も多数披露。 更に、スペシャルゲストとしてギタリストの押尾コータロー氏も出演し、押尾氏の美しいギターの音色をバックに『悲しいボーイフレンド』、『Believe』、『さくらの花の咲くころに』といった名曲を共演した。 そして公演最後のMCで、この日のステージからスタートする30周年記念の全国ツアーのファイナル公演を大阪フェスティバルホールで12月23日(水)に開催することを発表し、祝福に集まったファンへのサプライズプレゼントとなりましたなった。 渡辺美里は5月2日(土)の公演を皮切りに全国47都道府県を巡る大規模なコンサートツアー「30th Anniversary「渡辺美里 日本全国ツアー 30th Revolution」」がスタートする。