Juice=Juice 進化を魅せた中野サンプラザ!聖地で宮本が涙の決意
6枚目のシングル『Wonderful World/Ca va?Ca va?(サヴァサヴァ)』がオリコン週間チャートで1位を獲得し、波に乗るJuice=Juice。 今回ファーストライブツアーで、初のホールコンサートが東京・大阪の2か所で決定、その東京公演が5月2日(土)中野サンプラザで行われた。 この日は全国65公演、10か月に及ぶロングツアーの初日ということもあり、メンバーもいささか緊張気味。 こぶしファクトリーとカントリー・ガールズのオープニングアクトの後、スパンコールの衣装で登場した5人は『ロマンスの途中』『選ばれし私達』を披露。「念願のホールコンサートです!」と宮崎由加が声を上げると、「初の単独ホールコンサートで、ファーストツアー初日です!」と金澤朋子が喜びを爆発させる。 植村あかりは「とてつもなく緊張しています!」とメンバーの中で一番の緊張を見せ、高木紗友希は「次のステップに繋がるステージにしたい。」と抱負を語り、宮本佳林は「ハロプロの聖地、この中野サンプラザのステージに立てて感激です。」とそれぞれの思いをファンにぶつけ、満員の”Juice=Juiceファミリー”は温かい声援を送った。 つづいて『背伸び』、タンゴ調の秀曲『ブラックバタフライ』『イジワルしないで抱きしめてよ』『裸の裸の裸のKISS』と大人っぽい攻撃的なナンバーで魅了する。 2回目のMCで宮崎が「皆さんにお知らせがあります。」と切り出し、会場は「おーーー!」とどよめく。「7月15日にJuice=Juiceのファーストアルバムのリリースが決定しました!」との嬉しい報告に会場は喝采に包まれた。 さらに金澤がおもむろに切り出す「あらためてここで皆さんにお話ししたいことがあります。Juice=Juiceは今日5人で中野サンプラザのステージに立つことができました。もっともっと努力をし、前進していくためにも私たちは新たな目標を決めました!Juice=Juiceは来年、日本武道館の単独公演を目標とします!」と高らかに宣言、会場からさらに湧き上がるような歓声が起こった。 金澤はつづけて「来年目標とする武道館に向けて、全国220公演を目標に、単独ライブを行います!」と武道館実現に向け、さらなる課題の克服も発表した。 早速7月リリースのアルバム収録曲から『チクタク 私の旬』を披露。さらに『初めてを経験中』とラブリーでキャッチ―なナンバーで前半とは一転して「かわいい女の子」を演出した。 ハロプロ研修生のステージの後に、再び登場した5人は、大胆なデザインのスカートに青のスパンコール衣装で登場。『風に吹かれて』と最新シングル『Ca va?Ca va?(サヴァサヴァ)』、そしてメロン記念日のメロウナンバー『香水』を見事に歌いこなし、Juice=Juiceのパフォーマンス力の高さがうかがえた。 「いよいよライブもラストスパート、もっと盛り上がる用意できてますか!?」の煽りに会場はヒートアップ。赤のセクシーなスパンコール衣装に早着替えすると、前シングル『伊達じゃないよ うち人生は』『私が言う前に抱きしめなきゃね』『五月雨美女が乱される』、またなつかしの太陽とシスコムーン『Magic of Love』をカバー、そしてこぶしファクトリーとハロプロ研修生も交えて『アレコレしたい!』で本編は終了。 「ジュース!もう一杯!」のおなじみのアンコールに応え『天まで登れ!』を披露、そして今コンサート唯一のバラードナンバーとなる新曲『続いていくSTORY』、歌詞が彼女たちの境遇とオーバーラップしたのか宮本が感極まり、涙を浮かべるシーンも。最後は最新シングル『Wonderful World』で会場と一体となり、2時間に及ぶ初のホールコンサートは幕を閉じた。 ライブハウスやリリースイベントでも見せていた、彼女らの表現力の高さ、激しいダンスワークを繰り出しながらも迫力ある声量を誇るステージは、ホールコンサートでも充分に発揮された。今後”アイドルコンサート”の正統を突き進むだろう。 【ここでしか見られない!ハロプロ情報はクリック!】★『ブラックバタフライ/風に吹かれて』←クリックハロプロ情報ゲットならフォローを→→@dwangojpnewsFollow @dwangojpnews!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="//platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs");