Juice=Juiceが超会議に初出演で魅せたアイドルの真髄
幕張メッセで開催された「ニコニコ超会議2015」へJuice=Juiceが初出演した。 アイドルイベント以外にはなかなか出演することも少ないJuice=Juice。初めは緊張した面持ちだったが、一曲目の『私が言う前に抱きしめなきゃね』が始まると、ハイレベルなパフォーマンスを披露し、会場のファン、そして生放送を見ているユーザーを一気に惹きつけた。 可愛い、ダンスが上手い、歌がうまいという「アイドル」としての必須条件をすべて高い水準で備えているJuice=Juice。特にキレのあるダンスは見る者を圧倒し、そして運動量の多いダンスを踊りながらしっかりと歌われる生歌に驚いているファンが多いようだった。 しかもこの日は、新曲を中心に攻めのセットリストで『Ca va ? Ca va ?』『Wonderful World』『アレコレしたい!』『ロマンスの途中』と様々なスタイルの楽曲を披露。生放送のコメントにも「アイドルが好きになった!」という書き込みも多く見られ、改めてJuice=Juiceの魅力を見た気がした。 ハロー!プロジェクトの最終兵器と言われ2013年にデビューしたJuice=Juice。着実に日々進化し次のアイドルを引っ張っていく存在にまで成長した。彼女たちが、次世代のアイドルのスタンダードを作ってくれることを期待したい。 【ここでしか見られない!ハロプロ情報はクリック!】★『ブラックバタフライ/風に吹かれて』←クリックハロプロ情報ゲットならフォローを→→@dwangojpnewsFollow @dwangojpnews!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="//platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs");