椎名ぴかりん(魔界人、20000歳)新曲は「土下座儀式」の歌?
Popteenの表紙モデルとしてティーンから絶大な支持をえている椎名ひかり。 アニメ、ゲーム、コスプレ、廃墟をこよなく愛するサブカルアイコンとしても活躍する彼女は、魔界人、椎名ぴかりん(20,000歳)という名でアイドル活動も行い、男性からも多くの支持を獲得している。 そんな椎名ぴかりんの新曲『ドゲザナイ~お前をひざまづかせてやろうか~』は、ライブで恒例となっている土下座の儀式をよりドラマチックに演出するために作られた楽曲。 新曲はBiSや中川翔子の楽曲を手掛けるサウンドプロデューサー松隈ケンタ氏を向かえての改新作。 デスボイスあり、土下座ありのヘヴィーなロック・チューンに仕上がっている。 また、新曲のプロモーション映像はLINEのインターフェイスを使用し、スタンプクリエイター:はんぶの「土下座道」スタンプと歌詞で構成された斬新な内容。ジャケットはAKB48関連の漫画も手がけている漫画家の田辺洋一郎が手掛けている。椎名ぴかりんのライヴを官能するのに、この楽曲を熟知してのぞむべし。