ViViDパシフィコ横浜で解散ライブ 活動に終止符
ViViDが、4月29日、パシフィコ横浜 国立大ホールにて、全国ツアーファイナル ViViD LIVE TOUR 2015 THE BEGINNING of THE END FINAL「CROSSING OF THE DREAM」と題した、解散ライブを行った。 全国から駆け付けたファン約5000人がステージを見守る中、メンバーが登場。溢れんばかりの歓声の中「From The beginning」からライブがスタート。『「夢」~ムゲンノカナタ~』『BLUE』『Take-off』『キミコイ』と次々と代表曲を披露。 本編終了後、アンコールでは、結成当初の目標の舞台であった日本武道館・ワンマン公演が実現し、ファンへの感謝の気持ちを綴った『messege』はじめ、『FAKE』を含む6曲を披露。 ボーカルのシンは、「ViViDの解散が決まってから、自分が今後何をしたいか考え、歌と向き合いました。そして、僕はこの命がつきるまで歌い続けたいです。生きるために歌うのでなく、歌うために生きたいです。そう想わせてくれたのは、メンバーの皆、ファンの皆、スタッフの皆さんでした。本当にありがとう。そして、またいつか。。。。今日を乗り越えて、明日へ進もう。今日まで本当にありがとうございました!!」と何度も感謝の気持ちを伝えた。 その後も、声援は鳴りやまず、ダブルアンコールへ。インディーズ時代からの名曲『DEAR』を観客とともに大合唱し、ラストナンバー『Take off』で盛り上がりは最高潮に。全30曲をパフォーマンスし、ViViD の活動に終止符を打った。この解散ラストライブの模様は、WOWOWにて5月22日(金)21:30からオンエアされる。 また、4月29日には、ViViDの過去の貴重なLIVE TOUR FINAL 2公演、2012年7月1日開催「Welcome to the ROCK★SHOW」東京国際フォーラム ホールA公演と、2014年6月11日開催「THE PENDULUM -ALIVE-」Zepp Tokyo公演を収録した豪華LIVE DVDを発売した。(Photo: Yoji Kawada) ・「ViViD」の楽曲買うならクリック!