ONE(オネ)ソング、トークボイス体験版が配布開始
ボーカロイドIA(イア)に続くシリーズ第2弾ソフトウェアとして、5月22日にパッケージ版が発売となる「ONE -ARIA ON THE PLANETES-」(オネ アリアザプラネテス)のソング&トークボイス体験版が、4/24より配布開始となった。 ONE(オネ)は誰でも簡単に歌声や話し声が作成できる音声創作ソフトウェア「CeVIO Creative Studio S」専用ボイス。先行してトークボイスが発売されており、読み上げ音声のクオリティの高さが関心を集めると同時に、ソングボイスの実装を求める声が上がっていた。そうした声に応える形で新たに登場したONEソングボイスを、発売に先駆け一足先に体験することができる。公式Webページよりソング&トークボイスがインストールでき、体験期間は一律5月31日まで。期間中に品質改善のフィードバックに協力すると、楽曲制作等に素材として利用可能なONE公式ボイステンプレートデータが提供される。 ボーカロイドIA公式コンピレーションアルバムに参加経験のあるクリエイターを中心に、ONEボイスを用いた公式デモソングが続々と投稿されており、新たに『ミライ/ATOLS』『おねがいダーリン/ナナホシ管弦楽団』の2曲が公開となった。これまでに公開されたデモソングは5月22日発売のパッケージ特典DVDにも収録予定。各曲のONEボイス調声データも収録予定なので、CeVIOの操作に不慣れなユーザーも、新しいテクニックを見出したい上級者も、是非チェックしてみて欲しい。 パッケージ特典として、前述のデモソング楽曲データと調声データのほか、CeVIOの基本操作から応用テクニックまでを掲載した特製ブックレット、ONEのロゴとキャラクターを用いた特製ステッカー、キャラクターデザインを手掛けたしづ描き下ろしによるONEアイコン素材が付属する。パッケージはボイス単体パッケージと、CeVIOエディターがバンドルされたスターターパッケージの2種類で、前者は特製スリーブケース仕様、後者は特製三方背ケース仕様。あらたに公開となったパッケージビジュアルも要チェックだ。