毎年LIVEは200本以上!話題のANNA☆Sとは?
杏奈、優奈姉妹と幼馴染の涼夏の3人組の高校生LIVEエンタメアイドルユニット・ANNA☆S。 前作シングル『人生!本気(マジ)もったいないよ!』で、オリコンウィークリー13位にランクインし、TV番組「カウントダウンTV」や「未来定番曲」などのメディアで取り上げられ注目を集めている。 ライブパフォーマンスの高さには、定評がありライブエンタメアイドルとして精力的に活動し、毎年200本以上のステージをこなしている。第42回を迎えたワンマンLIVE(club asia)を完売させ、またANNA☆S派生ユニットの「うどん兄弟」もそうそうたるアーティストとの共演で話題を呼んでおり、今、まさに注目の実力派アイドル。 このANNA☆Sのプロデュースを手掛けているのはAKBグループ・ハロープロジェクトなど、多くの歌手・タレントの振付を担当している西田一生。結成当初小学生だった3人。5周年を迎え、高校生となった今、新境地となる第5弾シングル『命短し走れよ乙女/くるくるりん』を発表。 今回のアーティスト写真は、3人がそれぞれ違う色のワンピースに今年流行のクラッシュデニムをミックス。手作りの小物も所々3人が違う仕様でガーリーに仕上がっている。先週4/25金曜日に渋谷club asiaで開催したワンマンライブで新曲をファンに向けて初披露を行った。「女の子達は、泣いてないで恋しよ!恋する女の子みんなに届けたいといった、ちょっぴり切なくてポジティブなガールズポップ!」となっており、「命短し走れよ乙女、めくるめく恋探しに行こう」という思いを込めて、メンバーが作詞を手掛けている。そして楽曲制作は、加藤ミリヤ,AIを手掛けるタイニーボイス・プロダクションの新鋭クリエイター「Tetra Gear」が書き下ろしている渾身の力作。