SCANDALヨーロッパでも絶好調 パリのファンから「トレビアン!」
今年1月より7万5000人動員の初のワールドツアーを開催中のSCANDAL。 1月24日の神奈川県・厚木市文化会館を皮切りに、4月19日の沖縄・ナムラホールまでの国内31公演を経て、遂に4月25日(日本時間の26日)、フランス・パリより海外公演をスタートさせた。 パリでは1500人を動員し、続く4月26日のイギリス・ロンドン公演でも公演前に1000枚のチケットがソールドアウトとなるなど、順調なスタートを切った。 海外初日はデビュー前の2008年以来7年ぶりとなるパリでの公演。パリでのライブを心待ちにしていた1500人を集め、ニューアルバム『HELLO WORLD』収録曲や海外人気の高い楽曲を中心に全17曲を披露した。7年ぶりのSCANDALのパリ公演とあり、デビュー曲『DOLL』では待ちわびたファンが「トレビアン!」と大盛り上がり。 また、ロンドン公演の会場はZebrahead、KISSら多くのロックスターが舞台に立ってきたO2 Academy Islington。ロックには耳の肥えているロンドンのファン1000人が詰めかけ、ソールドアウト公演となるほどの大盛況ぶり。 今後も4月30日にドイツ・エッセン、その後5月より、発売開始後わずか5分でソールドアウトとなった台湾、そしてシンガポール、アメリカのシカゴ・LA・アナハイム、メキシコと続き、フィナーレの5月29日の香港まで海外計8カ国10都市を周り、計1万5000人の動員が見込まれている。 SCANDAL史上最長のワールドツアーも残り1カ月!SCANDALの挑戦はまだまだ続く! ☆SCANDAL聞きたくなった?今すぐクリック!