元SKE48秦佐和子記者会見に中西優香乱入
3月5日に発表された「アイドル×熱血」をテーマにした、メディア連動型アイドルコンテンツプロジェクト「VENUS PROJECT(ビーナス プロジェクト)」。 その第一弾コンテンツとなるPlayStationRVita用ゲーム、「VENUS PROJECT -ヴィーナス プロジェクト-」を4月21日よりサービスがスタートするが、この配信を記念したイベントが東京・ヤクルトホールで開催された。 イベントには、声を担当している姫崎愛未、根本流風、田辺留依が登場し、さらに7月からスタートするアニメ版の声を担当する元SKE48の秦佐和子、飯田里穂、早瀬莉花も登場した。 ゲームチームとアニメチームにわかれてゲームなどが行われたり、さらにゲームチームによる歌も披露され大きな盛り上がりをみせた。 やはり今回の注目は秦佐和子だ。秦はSKE48を卒業してから表立った活動があまり無かったが、今回の声優としての出演により、これまで以上に大きな注目が集まっている。 秦はイベントが終了後、ひとりでステージに戻って来た。何を話すのかファンの期待が高まる中、今後の活動について口を開いた。 「声優を本格的に初めて2年が経ちましたけど、この作品で初めて主演をやらして頂きました。これを機により一頑張っていけたらと思っています。これからウェブラジオやウェブ番組なども始まる予定ですので、皆さんお忙しいと思いますけど、お時間がある時にでもチェックして頂ければと思います」と具体的な今後の展開を発表した。 秦がさらに話し続いていたところに、3月にSKE48を卒業したばかりの中西優香がいきなり乱入。 中西は「どうしてもこのVENUS PROJECTに声優として参加したくて来ちゃいましたよ。ここでアピールしたら行けるかなと思っているんだけどね」と半分秦を脅しながら直談判した。 しかし秦は「私にもっと力があれば推してとかできるかもしれないですけど、他の方々もみんなオーディションを受けて今の役を取ったので、オーディションを受けることを可能にしたいと思います」と受け止めた。 実は中西はこのようなオーディションをこれまで受けたことが無く、不安がっていたが、中西ならではの独特でちょっと異端なキャラで、今後キャスティングされる可能性もある。かなり期待が持てそうだ。