BugLugとSadieがゲーム対決で交流を深める
池袋P`PARCOのB1階にあるサテライトスタジオ「ニコぶくろスタジオ」より公開生放送を行うヴィジュアル系プッシュ番組「ニコびじゅ」。 3月31日(火)放送回「ニコびじゅ」はゲストに「Sadie」、「BugLug」が登場。ゆったりと和やかに送るBugLugに対して、関西節を炸裂させたSadie。その模様をここにお届けしよう。 一組目のゲストはBugLugよりギター一樹とベース燕が登場。最近花粉症デビューしてしまったかもしれないという一樹宛てに、「色気が増したと思うのですがなぜですか?」という質問。一樹は「最近みんなによく言われるですよね。多分、髪が伸びたからじゃないですか?」と回答すると、髪をふぁさっと振り乱してみせた。長い付き合いだという燕は「昔から比べると変わったなって。やっぱり色気出ましたよね」とコメントすると一樹の首元を弄ってみせた。 【ニコびじゅ履歴SHOW】のコーナーでは、一樹は”音楽をやる上で一番大切なもの”は「聴いて下さる方の人生に音楽を通して寄り添う。BugLugの楽曲を聴くたびによく聴いていたときの思い出がよみがえってくるような音楽を発信できる存在になりたい」と記入。いつも突っ込みどころを探しているというMC星野卓也も「今回ばかりは素晴らしい!」とコメント。燕は質問の意味を”バンドを続ける上で必要なもの”だと勘違いしており、「人間性」だと記入していたが、番組内で「楽しいと思ってもらうには、気持ちは伝染するので常に自分も楽しい気持ちでいます」と改めて回答していた。音楽に対し真摯に向き合う2人だからこその素敵な回答でした。“人生で影響を受けた人”という項目に対して、燕は「お婆ちゃんが凄く厳しくて優しかった。粋がっていた中学生時代にお婆ちゃんだけは話を聞いてくれた」とじんわりと暖かいエピソードを語ってくれた。そんな燕は「部屋に置いてあるお菓子ボックスに常にお菓子を入れておく」というジンクスがあるという。最近だと、唐辛子が入った濡れせんべいを入れてあるという。意外と渋いチョイスだ。 ゲストの携帯に保存されている秘蔵の写メを公開してもらう【ニコびじゅオフショット】のコーナー。燕は『猿』PV撮影の際にメンバーで観覧車に乗った時のぎゅっと寄せられたメンバーの足元を公開。一樹は高い所が苦手らしく、「燕はドンドンと揺らしたり、将海がギロチン!!とエアードラムを叩きだしたりした」とエピソードを公開。「一樹も平気なのに平気じゃないぶってるんですよ」「嘘つくなよお前」と和気藹々とじゃれる2人に「カップルみたいですね!イチャイチャして!」と星野が嫉妬!?のコメントを送った。 2組目のゲストは「Sadie」よりヴォーカル真緒とギター美月が登場。美月が「もっと8欲しいわぁ」と発言すると、大量の”88888”コメントが寄せられた。さらには、アレンジを加えてボケる反射神経を見せるユーザーに満足気な表情を浮かべる美月。「BugLugの一聖です」「観覧者が5000人も来てますね」と自己紹介するなど乗っけからボケを連発する真緒は「好きなおやつはなに?」とユーザーへ質問。お菓子にうるさいという真緒は「最近だとじゃがりこの明太もんじゃ味が美味しい」と熱く語った。 ここでユーザーから、「4月から新しいクラス。新しい友達と仲良くするには?」という質問。引っ込み思案に見えないと思うけれど、バンドをしていくうちに色々な人と出会い喋れるようになった。10年前対バンなどでは一番喋れない2人だったという真緒と美月。美月は「結局は印象。最初で暗そうだと、喋らない子なんだなと思われちゃう。初対面の人には明るくいくんです」と実践を交えてアドバイス。真緒は「後輩の場合、年齢差を出すのは嫌だから、タメ語でもいいしなんならニックネームを付けてくれてもいいというニュアンスでいくと壁がなくなる」と先輩後輩から慕われるSadieならではのコミュニケーションの取り方を伝授した。ここまでなんと11分押し。時間がないということで流れるように【ニコびじゅ履歴SHOW】のコーナーへ。パワースポットに「自宅」を上げた真緒。「アイスクリームを一日一個は食べていて、それはコンビニで買ったアイスだと決めている。新しいものを食べて、自分なりの評価を出すアイスの伝道師になりたい」と語ると、「一番食べてるのはハーゲンダッツのマカダミアナッツ味。200個は食べていると思う」とマカダミアナッツの美味しさについてアピール。以前NIGHTMAREの瑠樺に勧めたところ、長文でアイスの感想が送られてきたことがあるという。楽屋で話す2人を見た美月は「接点が意味わからないでしょ!?2人が喋ってる時の楽屋はざわざわした」とその模様を語ってくれた。 「SadieはLIVEの勝負パンツが決まっている」という美月。この日も勝負の日ということで着用してきたパンツの柄を見せ合う2人。この放送はヴィジョンで流れているということを忘れずに(笑)。そんなお茶目さを見せつつも美月は「BETONESというブランドのパンツは全部同じ生地でできているのでゴムがくたくたにならず履き心地がいい」と製品のすばらしさを教えてくれた。 お告げに沿って無茶ぶりを実行してもらう【ニコびじゅ様の言うとおり】のコーナーでは、真緒が「得意な物まねをやってください」というお告げを引き当てる。「最悪なの引いたわー!!物まねなんてないよ」と呟いた真緒に、美月が「大阪だから分かるでしょ。溜めるだけハードル上がるで!!」と背中を押すと、意を決した真緒が神棚(天井のカメラ)に向かってSadieベース亜季の物まねを披露。「これは無理でした」「亜季は厳しい」と嘆く姿にユーザーからは暖かいコメントが送られていました(笑)。 「ニコびじゅ」チャンネル会員限定のシークレットコーナーでは、再びSadieより真緒、美月、BugLugより一樹、燕が登場。【ニコびじゅ対バン】と称したコーナーでゲーム対決を行い交流を深めた。(TEXT/河内香奈子) 【ゲスト:Sadie/BugLug】ニコびじゅ