千秋 美白の賞受賞に「ホラン千秋さんじゃないの?」
世界最大の化粧品会社ロレアルグループの日本法人である日本ロレアル株式会社が展開するスキンケアブランド「ラロッシュポゼ」は、しみゼロの日(4月30日)を記念した「Suhada Beauty Award 2015」の授賞式を銀座で開いた。 日常の紫外線対策の啓発を目的に、その年に最も内面から繊細な美しさを放ち、輝き続けている女性を表彰する賞「ラロッシュポゼしみゼロの日記念Suhada Beauty Award」は今年で4年目を迎えた。 今年は内面から繊細な美しさを放ち、輝き続けている女性を3部門に分け、一児の母でありながら、タレントやデザイナーなど幅広い活躍をしている女性を表彰する『Beauty Mother部門』受賞者として千秋。 素晴らしい実績を持ち、後世育成にも力を入れるなど女性のお手本でありながらも、母親として新たな女性として活躍の場を広げる方を表彰する『Beauty Pre Mama部門』受賞者として杉山愛。 昨今大きな話題を提供しているWEB動画配信クリエイターとして活躍し、多くの女性から支持を獲得し、その影響力と実績を称え表彰する『Beauty YouTuber部門』受賞者として吉田ちかの3名が受賞。さらにテレビでおなじみの皮膚科医・友利新氏とともにUVケアトークに花を咲かせた。 千秋は「今まで一度も表彰されたことないんです。デビュー24年目の快挙です!最初は「ホラン千秋」の間違いでしょう?と思いました。友利先生みたいに整形したらキレイになるんでしょうけど(笑)、普段は何もしてないんですけど、表彰されましたー(笑)。でも、小さいころから「色白は七難隠す」と言われ、日焼けには気を使ってきた結果がこの受賞に繋がったんだと思いました。」と語り周囲を笑わせた。 友利氏は「よかったですねー、七難隠してますよー。」との反撃に、「失礼ですねー。」と千秋と友利のバトルも繰り広げられ、和やかに進行した。 杉山は「現役時代は周りから心配されるほど真っ黒でした。当時からケアはしていたのですが、タオルでガシガシ顔を拭いたりしてましたね(笑)。今は妊娠中で、シミになりやすい時期、心に余裕もできたのでしっかりケアしていきます。」さらに吉田は「1年半前は会社員でしたが、動画投稿を通じて多くの視聴者の方の前に出るようになって気を使います。8年前にアメリカから帰国するまでは「日焼けしたした方がかっこいい。」と思って日焼けサロンとかにも通ってました。帰国したら「美白!美白!」で焦りましたね。」と当時を振り返った。