「忍び、恋うつつ」連続リリース!CVインタビュー
人気女性向けゲームブランド「オトメイト」から発売のゲーム「忍び、恋うつつ」より、キャラクターソング&ミニドラマ&シチュエーションボイスを収録した豪華内容のキャラクターCDシリーズ「忍び、恋うつつ百歌繚乱」シリーズが3ヶ月連続リリース! その第一弾となる、「忍び、恋うつつ百歌繚乱巻の壱」がいよいよ、4/22にリリースとなる。 キャラソン、ミニドラマ、さらにボーナストラックとしてシチュエーションボイスを収録しジャケットはこのCDのために描き下ろされた美麗イラストだ。 忍び、恋うつつ百歌繚乱 ◆公式インタビュー◆ Q1:キャラクターソングを歌唱されてのご感想、楽曲の感想をよろしくお願い致します。Q2:ミニドラマの収録を終えられてのご感想をお願い致します。Q3:シチュエーションボイスの収録を終えられてのご感想をお願い致します。Q4:CDの発売を楽しみにしているファンにメッセージをお願い致します。 ◆寺島拓篤(猿飛咲助役)A1:咲助らしい真っ直ぐさと、ツンデレ感が曲と歌詞に詰まっていて、本編の色んなシーンが頭に浮かびました。 A2:咲助には絶対にできない職業がきてしまいましたね!(笑)敬語の使えなさをどう表現するか、どこまでおバカにするか、ちょっと悩みました。咲助なりの努力が伝わったら嬉しいです。 A3:「俺は風邪ひかないように気をつけてる」という咲助のセリフがとても気になりますね…元々役者だから本当に気をつけているのか、バカだからひかないだけなのか…どちらにせよ、弱っている時に頼りになるっていうのはカッコイイですね! A4:今回は忍者から執事にジョブチェンジしてしまいました。執事、恋うつつですね!タイトルすら覆す事態ですが、気にせずお楽しみください!聴けば笑顔になること間違いなしです! ◆櫻井孝宏(霧隠蔵人役)A1:懐かしさいっぱいの曲調で、妙に気持ちがこもりました。「美しき兄弟愛」って感じの曲ですね。 A2:彼は執事向きな人材ですね。違和感無く、ナチュラルに振舞えていました。 A3:二人きりだからいつもより前のめりに接しているんですけど、何故か子供っぽさを感じました。僕は看病されるのが苦手なのでちょっと難しいシチュエーションでしたね。 A4:語りで参加させていただきます。兄と弟、それぞれの思いを聞いてやってください。 ◆江口拓也(霧隠忠人役)A1:80年代アニメを彷彿とさせる曲調で(笑)とても楽しく歌わせていただきました!兄ちゃんの事を想いながら歌いました!! A2:まさか忍恋の世界観で執事を演じるとは思いもしませんでした(笑)可愛い執事になれるように頑張りました! A3:看病されるシチュエーションっていいですよね。うらまやましい(笑)とくに、アーンとか、うらまやましい!(笑) A4:色々とこの世界での非日常が詰まったCDになりました(笑)キャラソンも全力で遊んだので、楽しんでいただけたら幸いです!