「シンデレラ」と「アナ雪」サントラはサプライズいっぱい
いよいよ今週4月25日に全国公開されるディズニー・ラブストーリーの頂点「シンデレラ」と、同時公開になる新作短編アニメーション映画「アナと雪の女王/エルサのサプライズ」のサウンドトラックが映画公開に先駆けてリリースされた。 シンデレラのサントラは、ケネス・ブラナー監督作品で長きにわたりコンビを組んでいるパトリック・ドイルが担当。 2枚組のDISC1には映画の美しく優雅な世界観そのままをスコアに。DISC2には主演のリリー・ジェームズが歌うエンドソング『夢はひそかに』、ヘレナ・ボナム=カーターが歌う『ビビディ・バビディ・ブー(マジック・ソング)』、そして映画の為に書き下ろされた新曲『ストロング』を収録。 更に、日本語吹替え版声優を務めるシンデレラ役・高畑充希と王子役・城田優が歌う、日本版エンドソング『夢はひそかに(Duet version)』も収録され、世界各国の中で日本だけのシンデレラ役と王子役のキャストデュエットバージョンが聴ける。 シンデレラや王子にもなれるカラオケ・デュエットも入り、初回限定できらきらスリーブとシンデレラの象徴である「ガラスの靴」ステッカーも封入。全36曲収録ボリューム満点の日本限定2枚組特別版だ。 そして、もうひとつのサウンドトラックはオリジナルスタッフ&キャストが再集結した『アナと雪の女王』の最新作となる短編アニメーション『エルサのサプライズ』の日本語歌ミニアルバムだ。 目玉となるのが、『Let It Go』でアカデミー賞を受賞した作曲家のロバート・ロペス・クリステン・アンダーソン=ロペス夫妻が新たに曲を書き下ろした新曲『パーフェクト・デイ ~特別な一日~』。 ミニアルバムには新曲の日本語劇中歌、アナにもエルサにもなれるデュエット・カラオケ、更にはインストゥルメンタル、ピアノ・ソロ、オルゴールと、新曲の『パーフェクト・デイ ~特別な一日~』をさまざまなアレンジで聴くことができる一枚になっている。 そして、今回のアナ雪ミニアルバムは日本だけのサプライズが目白押し!CDとしてリリースされるのは世界でもわずか数ヶ国で(本国アメリカは配信のみ)ジャケットにキービジュアルを使ったCDとしては世界初。 更に昨年のアナ雪サントラで即完売になった「初回限定スリーブ仕様」が、今回のCDでも実現。初キービジュアルのステッカー、そして折込ポスターまで封入されている特典満載、日本だけの限定EPになっている。 世代を超えて愛されてきたディズニー作品にとって何よりも欠かせないのが“音楽”。長年に渡り愛され続けてきた「シンデレラ」の『夢はひそかに』。そして『Let It Go』に続き一度聴いたら耳から離れない『パーフェクト・デイ ~特別な一日~』は、お誕生日ソングとして日本全国に「サプライズ」を届けるだろう。 今週末いよいよ公開される最新ディズ二ー映画「シンデレラ」、そして「アナと雪の女王/エルサのサプライズ」は、映画の内容とともに音楽(サントラ)も要注目だ。