Sound Horizon 謎だった通常盤ジャケ写を遂に公開
Sound Horizonが、約4年半ぶりとなるオリジナルアルバム9th Story CD『Nein』の通常盤ジャケット写真を発売日の22日になると同時に公開した。 Sound Horizonの通常盤ジャケット写真は、パッケージで描かれている物語のキャラクターが全て描かれることで知られているが、本日発売の最新アルバム9th Story CD『Nein』の通常盤ジャケット写真は、当初シルエット化に加工された絵柄で公開され騒然としていた。 色々な憶測が飛び交うなか、発売日になると同時に新たに公開された通常盤ジャケット写真には、これまでに発売されてきたStory CDで登場したキャラクター達の姿が多く描かれている。 10周年記念作品第3弾として発売されるこのオリジナルアルバム『Nein』は、新作でありながらも「物語音楽」を描くSound Horizonらしく10年を集約した、10周年記念だからこそ発売すべき1枚となっているのは間違いないのだろう。 パッケージを楽しみ、音を楽しみ、歌詞を楽しみ、語りを楽しみ、描かれる物語を想像し、聴いている者の頭の中で創り上げられていくSound Horizonの物語音楽の世界は、聴く人の数だけ物語の解釈が存在する。 4月25日よりNHKホールを皮切りにスタートするこの9th Story CD『Nein』の世界を描いたStory Concertで、それぞれが頭に描いた『Nein』世界が目の前に現れ、またそこで新しい解釈が生まれる。パッケージの隅々からステージの細かい演出ま で、創り上げるその全てをこだわり抜き、描かれるSound Horizonの“物語音楽”は、驚くほど緻密で無限の楽しみ方がある。どこま でを描いているのか、何が仕掛けられているのか、その答えは手に取ったものにしか見つけることは出来ない。 メジャーデビュー10周年を迎え発売された最新作『Nein』は、通常盤ジャケット写真に描かれた通り、これまでとこれからのSound Horizonがギッシリ詰まった1枚。ぜひ一度、最新アルバム「Nein」を手に取り、Sound Horizonの世界を覗いてみてほしい。 ☆Linked Horizon名義のあの曲はこちらへ!