「あったかいんだからぁ♪」の英訳が奇跡的!
今年4月に香港で開催された「第五回香港アジアポップミュージックフェスティバル」で日本人初のグランプリ含む3冠を獲得するなど海外でもその歌唱力に大きな評価が集まっているGILLE。 2012年、シルエット姿で『フライングゲット』を英語で歌う謎のシンガー動画がソーシャルメディア等で話題となりメジャーデビュー。デビューアルバム『I AM GILLE.』は累計15万枚のヒットとなり、2012年オリコン年間新人アルバム・ランキング1位を獲得。現在までにこの『I AM GILLE.』シリーズは4作品リリースされており、“ダイヤモンド・ヴォイス”と呼ばれる歌唱力と表現力で、アイドルからアニソンまでJ-POPのあらゆる楽曲をGILLE色に塗り替えていくカバー・スタイルが大好評を得続けているシリーズだ。 本アルバムはこの4作品の中から前述の『フライングゲット』を始め厳選された15曲にプラスして、2015年最大のヒットにして“もはやネタではなく歌”と評されるクマムシ『あったかいんだからぁ♪』の初公式英語カバーを新録収録! クマムシ本人以外のアーティスト名義で公式にリリースされる初の作品となる。 また今回のカバーでは、独自の奏法で幅広い世代とグローバルな支持を集める孤高のギタリスト、押尾コータロー氏とのコラボレーションが実現。原曲本来の美メロを“GILLE × 押尾コータロー”のタッグで、冬のイメージを持つ原曲から、夏の太陽や涼しげなビーチを連想させる楽曲に生まれ変わった。オリジナル歌詞『あったかいんだからぁ~』の箇所はその“言葉の響き”と“意味”両方に着目して英訳にトライ、『Hot & kind with the love』(訳:あったかくて、優しい気持ちにしてあげよう)という英語詞に訳された。「ほってかいんうぃだらぁ~」という語感は、“あったかいんだからぁ♪”と聞き間違えるほどの近いイントネーションをキープしつつ、英語ならではの国際感を感じさせてくれる響きに仕上がっている。 “GILLE × 押尾コータロー”二人のハッピーな空気感溢れる動画が本日4/20に公開される。また楽曲は5月20日からアルバムに先駆けて先行配信がスタート。 これからの季節、GILLEの『あったかいんだからぁ♪』で今度は涼しさを感じよう! [GILLEコメント]J-POPの持つメロディや楽曲の良さを海外のリスナーにも知ってもらいたい…。これまで、そういう気持ちで様々なジャンルの英語カバーにトライさせていただきました。カバー・ベスト・アルバムに収録する新曲の選曲で、とにかく色んなところで耳にした「あったかいんだからぁ♪」を歌いたいと思っていました。この曲はメロディがとてもスウィートで、洋楽のスタンダードを聞いているような印象を受けていたんです。歌詞の内容も含めて“冬”のイメージがある曲ですが、これから暑くなる季節に向けてどうやったら涼しく聞かせられれるんだろう…と考えていた時に、以前ライブで共演させていただいた押尾コータローさんのギターの響きが頭の中で鳴ったんです。押尾さんの繊細でカッコいいギターと私のハーモニーで清涼感の中に温かさがあるサウンドに仕上がったと思います。夏の海沿いをドライブしながら聞いてほしいですね!英語詞は今回難しかったですね…。オリジナルの“あったかいんだからぁ~”が言葉として完全に定着しているのでまずその響きを絶対にくずしたくない…、でもその意味はきちんと伝えたい…。最初のワンワードは“Hot”しかない!と思っていましたが、試行錯誤の結果“Hot & Kind with the love”という歌詞にたどり着きました。「あったかいんだからぁ~」を少しくずしながら英語圏の人になったつもりで「ほってかいんうぃだらぁ~」と歌っていただけると楽しんでいただけるのではないかと思っています。 [押尾コータロー コメント]GILLEさんは、最初ミステリアスな存在として登場していたので勝手にクールなイメージを持っていましたが、実際に会ってみると宮崎弁がとてもキュートな女性だったのでそのギャップに魅了されてしまいました。彼女の柔軟性あるパフォーマンスは僕のミュージシャン魂に刺激を与えてくれます。今回この「あったかいんだからぁ♪」コラボレーションのお話をいただいた時に、彼女と一緒なら楽しく制作できる・・という確信があったので、ご一緒させていただきました。この曲は聞けば聞くほど良いメロディで、心が温まる歌詞も印象的な楽曲なので、これから暑くなる季節、心が寒くなってしまったとき・・にこのGILLEとのバージョンでその寒さを吹き飛ばしてほしいと思います。 AKBからももクロまで!GILLE.カバー