SOLIDEMO デビュー1周年記念ライブ「いくぞ!日本武道館!!」
SOLIDEMOが恵比寿ザ・ガーデンホールにてメジャーデビュー1周年記念となる「SOLIDEMO 1st ANNIVERSARY LIVE」を行った。 デビュー1周年を迎えたSOLIDEMOが昼夜の2部制でライブを行い、デビューシングル『THE ONE』のほか、『Heroine』や『Rafflesia』など計13曲を熱唱。夜公演のアンコールでは、新曲『Girlfriend』をサプライズで初披露し、この1年の軌跡を辿るかのように昼夜合わせて1,500人のファンが1周年に沸いた。 「この恵比寿ザガーデンホールで1周年を迎えることを、ファンの皆さんと僕たちの共通の夢としてきた」というSOLIDEMO。 「実は歌が上手くならなくて一度諦めたことがあったけど、ライバルの木全くんがいたからまた自分の中に火が付いた(山口智也)」 「インフルエンザや靭帯損傷などで1か月LIVEに出られない時期、たくさんのファンの方の励ましの声をいただいて立ち直ることができた(佐脇慧一)」 「タイやブラジルでの海外ライブなど本当にいろんな経験をさせてもらえたことが今の僕につながっている(手島章斗)」 「2年目もファンの皆さんと横一列で共に歩んで聞けたら(中山優貴)」など、この1年それぞれの胸に秘めていた苦労や喜びをを明かした。彼等がひとつ夢を叶えた瞬間だった。 そして終演が近づく頃、そんな彼等が新たな夢を掲げた。「いくぞ!日本武道館!!」。メンバーの手島章斗と佐脇慧一が筆で書いたという横断幕を掲げ、メンバー自ら「アーティストの聖地」と語る、日本武道館でのライブを宣言した。 「日本武道館に立ったアーティストは皆、本当に愛されている方ばかり。今の自分たちではまだ届かないと言われてしまうかもしれないけど、必ず立ってみせます。(佐々木和也)」と力強く語った。 SOLIDEMOは2014年4月16日にメジャーデビューすると、2ndシングル『Heroine』が沢尻エリカ主演ドラマ「ファースト・クラス」のテーマソングの起用で話題となり初登場9位の快挙を達成。一躍彼らをスターダムへと押し上げた出世作となり、年末にはレコード大賞の新人賞という栄誉を手にするまで成長。 その後リリースした「ファーストクラス」セカンドシーズンのオープニングテーマ『Rafflesia』は初登場4位と、デビュー1年にしてヒットチャートの常連となりつつある。6月17日には、4枚目のシングル『Girlfriend』のリリースも決定。渡辺麻友(AKB48)・稲森いずみのW主演ドラマ「戦う!書店ガール」(関西テレビ・フジテレビ系)の挿入歌として早くも話題だ。 メンバーの佐々木がこの1年を振り返り「ファンが新たなファンを呼んでくれてどんどんSOLIDEMOの輪が広がっているのを感じる」と話していた通り、活動の幅を広げるごとに新たなファンを魅了していくSOLIDEMO。武道館で8人の姿を見る日もそう遠くはないかもしれない。 ※SOLIDEMO気になったら【クリック】!