「大相撲 超会議場所」ついに全貌が明らかに
昨年の「ニコニコ超会議3」で初開催し、2日間で20万人以上がネット視聴するなど、会場とネット両方で大きな盛り上がりを見せた「大相撲 超会議場所」。 今年も、白鵬、日馬富士、鶴竜の三横綱をはじめとする幕内力士や親方など総勢250名が大相撲巡業として幕張メッセに登場し、激しい稽古の模様や、横綱の土俵入り、見る者を圧倒する取り組みの様子を目の前で観戦できるほか、来場者が力士と対戦できる「わんぱく土俵祭り」も開催する。 また、今年初めての企画として、引退力士によるOB戦のほか、ニコニコ動画で人気のMAD動画シリーズ「リアルSUMOU」を実施。 逸ノ城、大砂嵐、千代丸などが出場し、RIKISHIの体からほとばしるオーラとともに、通常の相撲では見られないCG演出を加えた相撲を初披露。さらに、2日目に開催する「大相撲 超会議場所1DAYトーナメント」では、対戦カードをネットアンケートにより決定する方式を今年初めて導入する。 4月25日(土)限定で、引退した力士によるOB戦を開催。現役時代にその強さを誇った琴欧洲、高見盛、雅山、若荒雄の4名が、再度土俵に降臨。1戦目は「高見盛 ー 若荒雄」、2戦目は「雅山 ー 琴欧州」を予定。 4月26日(日)限定で開催するトーナメント戦では、総勢32名の幕内力士が出場する。トーナメントの対戦カードは、ネットで生放送を視聴しているユーザーによるアンケートで決定するという方式を今年初めて導入。 4月16日(木)に放送した大相撲特番では、白鵬、日馬富士、稀勢の里の対戦相手を決定し、その結果、対戦カードはそれぞれ「白鵬 ー 逸ノ城」、「日馬富士 ー 豊ノ島」、「稀勢の里 ー勢」となった。 超会議に来場した人が現役力士と実際に相撲対決ができる「わんぱく土俵祭り」では、大砂嵐、豊ノ島、逸ノ城などが出場することが決定。 また、なかやまきんに君、ダチョウ倶楽部などのほか、ネットのわんぱく代表として、ニコニコで活躍しているユーザーであるRAB(リアルアキバボーイズ)、恭一郎、鎖音プロジェクトなどの参加も決定した。 【出場者】 初日…隠岐の海、魁聖、嘉風、照ノ富士、豊ノ島、なかやまきんに君、RAB(リアルアキバボーイズ)、恭一郎 2日目…勢、逸ノ城、大砂嵐、臥牙丸、千代丸、鎖音プロジェクト、ダチョウ倶楽部 力士の動きに合わせてエフェクトをかける「リアルSUMOU」では、エキシビジョンマッチとして計4回の取組を行います。会場にあるモニターでは、リアルタイムでCGエフェクトを加えた取組を見ることができる。 【出場者】 初日…1戦目 大砂嵐 – 千代丸/2戦目 逸ノ城 ー 魁聖・2日目…1戦目 豊ノ島 ー 豪風/2戦目 勢 – 照ノ富士(※上記出場力士は、変更となる場合がございます。)