マルチクリエイターじん 小説が文庫ランキングで首位に
音楽家・小説家の顔を持つマルチクリエイター“じん”が2011年に動画投稿サイトに投稿したことによって始まった「カゲロウプロジェクト」。 小学生・中学生・高校生を中心に大きな反響を呼び続け、音楽アルバムがオリコン週間ランキング1位を記録、漫画連載、アニメも放映される等、躍進を続けている。 そんな中、約1年振りにじん自身が手がける小説版「カゲロウデイズ」の最新第6巻が3/30(月)に発売となりオリコンウィークリーランキング文庫部門で1位を獲得した。 また、4/4(土)より文化放送(AM 1134kHz)の新番組「A&G TRIBAL RADIO エジソン(毎週土曜日21:00〜23:00放送)」内で、小説「カゲロウデイズ」内のキャラクター達“メカクシ団”が自らMCを務めるラジオ番組「メカクシラジオ」の放送がスタートし、SNSを中心に反響を呼んでいる。 この番組は、声優がフリートークを展開する番組がデフォルトとなった昨今のアニメ・ラジオ業界にあって、「キャラクターがキャラクターとして出演する」という、古き良き時代の王道スタイルにあえて回帰し、昔からのアニメ・ラジオファンには、ある種のノスタルジーを喚起させ、若いリスナーには逆に新鮮なコンテンツとして受け入れられるような番組内容となっている。 6/3(水)には『MEKAKUCITY M’s2』の発売が決定、じんの活躍から、まだまだ目が離せなさそうだ。