Miracle Vell Magic ファンからのサプライズ合唱に大号泣
4/11(土)スマホの歌姫として中高生の女子を中心に人気急上昇中のMiracle Vell Magicが、1年前より実施してきたイクスピアリでのマンスリーライブのファイナル公演を行った。 2014年頃よりスマホ動画アプリなど数ある動画サイトで女子中高生を中心に注目を集め、国内に留まらず、海外からの注目も高い。 話題となった25のディズニーキャラクターに扮したMiracle Vell Magicが「アナと雪の女王」の主題歌『Let It Go』を歌う動画は、既に1,600万回再生を超えている。 そんな人気急上昇の中、行われたイクスピアリでのファイナル公演。会場は公演前から超満員。始まる前から集まったファンからは「ベルちゃん」コールが巻き起こる。 音楽とともに颯爽とMiracle Vell Magicが登場すると、客席からは割れんばかりの大歓声。企画・演出・構成、全て自身で手掛け、客席の中心にある円形のステージをところ狭しと駆けまわるMiracle Vell Magicのショーにファンは歓び、初めてMiracle Vell Magicを目にしたイクスピアリに遊びに来たお客さんは足を止め、ショーに見入っていた。 Miracle Vell MagicはイクスピアリでのLIVEがラストであることをしっかりと噛み締めながら、様々な演出、綺羅びやかな衣装、圧倒的なパフォーマンスでファンを魅了した。 ショーの最後にはMiracle Vell Magicから来てくれたファンへ自身の夢を語った。「一年前にこのステージに立った時は全てが本当に怖くて、それまではずっと一人で自分の部屋の中で歌っていた私はこのステージに立って本当に本当に緊張して、その時はまだ見てくれているお客さんが20人いるかいないかくらいの数で、それが1年経って、今ではこんなにたくさんの「友達」に囲まれています。 この1年で本当にいろんな事があって、たくさんの大切な存在が出来て、本当に私は幸せものです。私がイクスピアリでのマンスリーライブを卒業するを決めた理由は大きな夢がたくさんあって、叶うかわからないけれど、でも絶対叶えたい夢があって、その中の1つに自分の世界のオリジナルのショーを作るという夢があります。その夢を叶えるために、前に進むために、ここでの卒業を決めました。 ここを卒業をしてもみんなとの距離は絶対に変わらないし、みんなはいつまでも私の大切な大切な友達です。」 1年間の活動を振り返り、卒業と夢を語ったMiracle Vell Magic。さらに来てくれた全ての人に涙ながらに感謝の言葉を添えた。「1年間支えてくれてきたスタッフの皆様ありがとうございました。そして大切なここにいる一人一人の友達、私にたくさんのちからを与えてくれるみんな。ありがとう。これからも宜しくね!!!」 Miracle Vell Magicがステージを降りようとすると、突如音楽が流れ、ファンから『星に願いを』合唱のサプライズプレゼント。これにはたまらず、Miracle Vell Magic堪えてきた涙が堰を切ったように流れ、大号泣。重ねて皆に感謝を伝えた。 自分の夢をかなえるために新たなステージに挑戦するMiracle Vell Magic。今後確実にスターダムを登る「期待の新星」。自身の夢でもあるオリジナルショー「Miracle Vell Magic Show」の制作に向けて新たなスタートをきる。