野田洋次郎(RADWIMPS)エッセイ本発売「作詞とはまったく違う体験」
野田洋次郎(RADWIMPS)の初となるエッセイ本「ラリルレ論」(文藝春秋)が、5月16日に発売されることが決定した。 本書は、2014年の全国ツアー「RADWIMPS GRAND PRIX 2014 実況生中継」の最中に、野田が執筆していた日記をもとにしているが、深い思索の末に辿り着いた恋愛観や死生観、音楽について、世界中で起こっている様々なニュースに対する考察などがRADWIMPSの楽曲を想起させる独自のテンポで綴られている。 野田は6月6日公開の映画「トイレのピエタ」で映画初出演にして初主演を務めており、この本には監督・脚本の松永大司氏からの熱いオファーを受け、出演を決意するまでの胸の内も綴られている。 活動の場をステージのみならずスクリーンにも広げ、多角的な活躍が期待される野田洋次郎の初の著書は、単なるミュージシャンの日記にとどまらない、いわば“思想書”のような仕上がりとなっている。 【野田洋次郎コメント】期せずして今年30歳を迎える自分。今、自分が何者なのか。何に怯え、何を喜びに生きているか。また、周りを見渡した時に生じる疑問、違和感、不条理を一つ一つ残しておこうと思いました。そうやっておぼろげではありますが、世界と僕との距離、そして愛し合い方が分かってきたように思います。作詞とはまたまったく違う、脳内旅行体験をすることができました。 ――野田洋次郎 【クリック】・RADWIMPS超絶ラインナップ