「社会現象化」確実!?カーリー・レイ・ジェプセンの新曲パロディV
“ナチュかわポップ・プリンセス”=カーリー・レイ・ジェプセンの新曲で、トム・ハンクスが出演したミュージックビデオで話題の曲『アイ・リアリー・ライク・ユー』のパロディ・ビデオをジャスティン・ビーバーが制作、公開し、話題となっている。 約3年前、全世界で大ヒットした楽曲『コール・ミー・メイビー』の電話のポーズを使用したパロディ・ビデオがジャスティン・ビーバーやケイティ・ペリーなど世界的に社会現象化、日本でもモデル/アーティストのローラがパロディ・ビデオを公開し、大きな話題となった。 今回、4/15に公開となったビデオは、カーリーがジャスティン・ビーバーのレーベル(Schoolboy)に所属していることから、ジャスティン・ビーバーが自ら友達を集めて作成。 「カーリーの新曲『アイ・リアリー・ライク・ユー』で楽しいパロディービデオを沢山の友達と一緒に作ってみようって決めたんだ。この曲最高だよ。みんなも自分のを作ってみて!」とジャスティン・ビーバーはコメント。 ビデオにはアリアナ・グランデやアリアナ・グランデの兄、フランキー・グランデ、デヴィッド・フォスター、ジェレミー・スコット(ファッション・デザイナー)、リクストン(バンド)、2NE1のCL、ケンダル・ジェンナー(ファッション・モデル/テレビタレント/女優)などが出演しており、“超豪華”だと話題になっている。 『コール・ミー・メイビー』のパロディ・ビデオにつぎ、『アイ・リアリー・ライク・ユー』のパロディ・ビデオが社会現象化することが予想される なお、カーリー・レイ・ジェプセンは、11日より6月24日に日本先行発売されるニュー・アルバム『エモーション』と、アルバムに収録される新曲『アイ・リアリー・ライク・ユー』のプロモーションのため、来日中。来日中に収録されたフジテレビ系「魁!音楽の時間」が4月19日に、日本テレビ系「バズリズム」が5月1日に、オンエアされる。