元<ル・クプル>藤田恵美、名曲の数々をカバー
今年1月21日に“究極の宴会ソング”『飲んじゃって…』を発表し、各方面で大きな反響を呼んでいる元<ル・クプル>の藤田恵美が4月15日にニュー・アルバム『盛り場 海峡』をリリースする。 「今まではソフトな雰囲気でサラリとPOPSを歌ってきました。でも、今回は演歌・歌謡曲というジャンルということもあり、声を張るなど意識して歌唱法も変えています。ですから、これまでとはちょっと違う雰囲気や一面も楽しんで頂けるんじゃないでしょうか」と彼女自身がコメントしているように、コブシを効かせた歌声なども聴け、癒し系ヴォイスの彼女が新境地を開花させた一作と、すでに発売前から大注目。 江利チエミの『酒場にて』(作詞:山上路夫、作曲:鈴木邦彦)、西田佐知子の『東京ブルース』(作詞:水木かおる、作曲:藤原秀行)、藤圭子の『京都から博多まで』(作詞:阿久悠、作曲:猪俣公章)といった1960年代から1970年代の日本を彩った演歌、歌謡曲もたっぷりとカヴァーしており、「子供の頃から好きだった曲や父の影響で親しんでいた歌にもチャレンジしました。今回、レコーディングするにあたり、改めて歌詞をじっくりと掘り下げてみたんですが、重みのある言葉ひとつひとつから情景がくっきりと浮かび、主人公の心情なども伝わってきて、職業作家の先生方が書き上げた詞の世界というのは本当に奥深いなあと実感しています。是非、そういった部分も味わって頂けると嬉しいですね」。 アルバム・タイトルからも想像出来るようにお酒が似合うシチュエーションの歌がメインになっている『盛り場 海峡』は、先行シングル『飲んじゃって…』のアルバム・ヴァージョンを含んだ書き下ろし楽曲も3曲収録。まさに歌で“酔える”アルバムだ。