松岡充「今後ウルトラマンのオファー来ても受けない」宣言
「仮面ライダードライブ」のTV主題歌を担当することをきっかけに結成されたユニット・Mitsuru Matsuoka EARNEST DRIVE(以下、MMED)。 その中心人物にしてボーカリストの松岡充とギター、サウンドメイキングを担当するtatsuoが、4月11日、ラゾーナ川崎プラザ 2F ルーファ広場 グランドステージにて開催された「MMED 2ndシングルリリース記念 トーク&ミニライブ イベント」に出演した。 これまでPV撮影やイベントの日はすべて雨だったというMMED。この日は曇り空ながら何とか雨が止んだこともあり、松岡はのっけからハイテンション。「今日は、ライダー3号を演じた及川光博さんが来るかも・・」とジョークを飛ばし、会場のファンを盛り上げた。 今回の2ndシングル『time』は「仮面ライダー4号」の主題歌。松岡とtatsuoは、この曲の制作について「(松岡から)サビを作り直してほしいと言われて、全部で15バージョンくらい作った」(tatsuo)、「PV撮影は当初、飛行場を使って撮る予定だったけど、雨のために室内になった(笑)」(松岡)といったエピソードも披露した。 松岡は、今回の『time』で「仮面ライダー」主題歌を担当するのは異例の5曲目となる、とイベント司会者が言うと「少年時代のオレに言ってあげたい!! 「お前は5回もライダーの曲を歌うんだぞ」って」と嬉しそうに答える。しかも「ライダーも2回演じている」と指摘されると、「そうだ!! 今後ウルトラマンのオファーが来ても受けません!」とおどけた。 またtatsuoも「仮面ライダー」の主題歌を手がけるのは5曲目だと知らされ、松岡はtatsuoと二人で「僕らの『仮面ライダー』に対する貢献度の高さ、すごくないですか?」と胸を張った。 そしてtatsuoが作ったアコースティックバージョンで『time』を初披露。松岡が『time』を人前で歌うのは今回が初めて。「僕が今やっているMICHAELというバンドのワンマンライブを昨日終えて、朝6時に起きてここに向かいました。このアコースティックバージョンは、今朝、飛行機の中で初めてを聞かせてもらって・・」と時間のない中での演奏だったようだが、tatsuoの情熱的なギターをバックに、エモーショナルに歌い上げた松岡。歌い終わるとニッコリ笑って、二人でハイタッチを決めた。 続いて、MMEDの1stシングルで「仮面ライダードライブ」の主題歌『SURPRISE-DRIVE』もアコースティックバージョンで披露。曲の途中から仮面ライダードライブもステージに登場し、一緒に手拍子をして盛り上がった。 最後に松岡は、「(昨年11月に続いて)リリース記念イベントを2回もやらせていただいて、僕たちは本当に幸せなチームだなと思います。この機会を与えてくださったすべての方にお礼を言いたい。ありがとうございました!!」と締めくくり、ステージを後にした。 4/18(土) 14:00~あまがさきキューズモールにてリリースイベントを開催。また4/22、2ndシングル『time』の発売日に売記念のMusic Video Shooting Special Liveも開催予定。