スパガ ホノルルでファンと一体の“神”イベント完遂!
エイベックス初のアイドルグループであるSUPER☆GiRLSが、4月12日(ハワイ現地時刻)ホノルルハーフマラソン・ハパルア2015に出場して、2年連続メンバー全員での完走を果たした。 メンバーの荒井玲良(20)の活躍が光った。 昨年、初のハーフマラソンに挑戦し、2時間05分で完走。15~19歳の部で準優勝を果たしたが今年は、2時間を切ることを目標に練習を重ね本番に臨んだ。 しかし今年は途中スコールなどもなく日差しが常に強いという厳しい環境もあり2時間の壁は高かった。それでもタイムを縮めて2時間04分34秒でゴールを果たした。 今回のレースを終えて荒井玲良は、「もともと長距離は苦手でしたが、昨年ハーフマラソンに挑戦して走ることの楽しさを知りました!2時間を切ることを目標にしていましたが、達成できず凄く悔しい。また1年間頑張って、来年こそ絶対2時間をきりたい!」と力強く話し、既に来年を見据えていることをうかがわせた。 荒井玲良は現在、東京ガールズコレクション出演モデルをメンバーにむかえ、女のコのランニングカルチャーをリードするランニングチーム“TOKYO GIRLS RUN”の4期生としても活躍中。同じくこのレースに挑戦した4期生メンバーとも交流を深め、感想をたたえ合い、今年のハパルア挑戦は幕を閉じた。 SUPER☆GiRLSは、ホノルルハーフマラソン・ハパルア2015の“盛り上げ隊”として、ファンツアーも実施。 約50名のファンとともに、ハワイを満喫した。 ハーフマラソン前日には、3つのツアーに分かれオアフ島を観光したり、ドルフィンを見つけに行ったり、ハワイアンジュエリーを作ったりとファンとの時間を楽しんだ。 参加したファンからは、「まさに、“神”イベント!!こんな一緒に時間を過ごせて最高でした。マラソンでは、一緒にゴールを目指して同じ目線でハワイを楽しむことが出来て、本当に楽しかった!」との声があがっていた。 SUPER☆GiRLSは、2010年のメジャーデビューをし今年で5周年を迎える。4月29日には、NHKホールにて「iDOL Street Carnival 2015 ~GOLDEN PARADE!!!!!~」が行われ、SUPER☆GiRLSや、iDOL Street所属のCheeky Parade、GEMなどが参加する一大イベントが行われる。 メンバーの田中美麗は、4月~放送の「ようこそ、わが家へ」(フジテレビ系列)へ出演中で、また前島亜美は、舞台「DEATH NOTE THE MUSICAL」に出演するなど、個人での活躍も目覚ましい彼女たち。 デビューから5周年。日本に旋風を巻き起こす! ☆スーパー☆ガールズその他の写真はクリックSUPER☆GiRLSの楽曲はクリック!