「21gとはどんなバンドか?!」答えは1stアルバムに
エメラルドグリーンのマスクを被ったヴォーカルGeno。彼の想いに賛同したベースのNATCHIN(SIAM SHADE)を中心に、紅一点ギターのmi-ya(a DROP OF JOKER)、ドラムのAct.と若手ミュージシャンを加え、昨年10月に活動の狼煙を上げた21g。 彼らは、3月21日に1stアルバム『GENORATION』を(ライブ会場&オンライン販売のみ)発売 。現在は、同作品を手にした都内4ヶ所をまわるショートツアー「1st ALBUM発売記念 21g LIVE「Genoration」Chapter 3」を実施中。残すは、4月24日(金)渋谷WWWでのワンマンのみ。 今は、限定された形での販売。とはいえ、そこには数多くの人たちが触れてこそ一層輝きを増す曲たちが詰め込まれていれば、「21gとはどんなバンドか?!」を知るうえでの答えが中には描き出されている。メンバー自身も、「現時点での21gの等身大でありつつも、そこで出しきれる力をすべて出し切った集大成作品になった」(Geno)と語るように、4人が何故、21gという姿を通し想いを放とうとしたのかを、ぜひ、アルバム『GENORATION』に触れながら感じていただきたい。 「今の4人で出来る最大限の姿を詰め込んだのが、1stアルバムの『GENORATION』。その作品を手にしたライブツアーを通し、今は、応援してくれる人たちと一緒に楽曲も、バンドも成長している段階。その集大成的な姿を、まずは4月24日(金)渋谷WWWを舞台に見せようと思ってる。5月からは、イベントツアーへ何本か参加させていただき、地方へ行くことも決まっています。そちらも、今から非常に楽しみにしています。夏にはイベントも考えているように、この先も楽しみにしていてください」(NATCHIN)(TEXT:長澤智典)