聖飢魔Ⅱ再集結!地球降臨30周年記念で大教典と黒ミサも
悪魔の集団 聖飢魔Ⅱが地球デビュー30周年を記念して期間限定再集結する事が決定した。 聖飢魔Ⅱは悪魔教の布教のためにヘビーメタルバンドの様式を用いて1985年9月に地球デビュー、25銘柄の小教典(シングル)、17銘柄の大教典(アルバム)、14銘柄の活動絵巻教典(ビデオ・DVD)を発布(発売)。 黒ミサ(コンサートのような形式で行われる集会)では、そのエンターテインメント性を規格外に発揮し、老若男女や民族を問わず信者(ファンのようなもの)を増やし続け、ヘビメタバンドとして初めてNHK紅白に出場、初のオリコン1位も記録している。また、海外でも積極的に活動するなど悪魔ならではの規格外の布教活動を行い、99年12月31日、デビュー時の公約通り地球における任務を終了し解散した。 その後、聖飢魔Ⅱは2011年11月30日、12月1日に東日本大震災の被災者の為にTribute to JAPANと題して聖飢魔Ⅱの呼び掛けに呼応した氣志團・MAN WITH THE MISSION・NOKKOなど6組のアーティストと共に両国国技館に2日間だけ姿を現し聖飢魔Ⅱとして初めてのチャリティーミサを行っている。 そして今年、聖飢魔Ⅱは地球デビュー30周年を記念して、愚かな人間達の為に期間限定にて再集結する事となった。聖飢魔Ⅱ地球デビュー30年の歴史を、「全席死刑」ツアー、「続・全席死刑」ツアーの2度に分け、全20本の黒ミサツアーを行う。 この黒ミサツアーに先立ち、4月22日に聖飢魔Ⅱファンクラブ「魔人倶楽部Ⅲ」を発足、翌4月23日には聖飢魔Ⅱ公式LINEを開設する。そして夏には、地球デビュー30年に渡る歴史を網羅した教典(楽曲)を集めた極悪集大成盤(ベストアルバム)の発布(発売)を予定、更には夏フェスへの出演までもが企てられている。 悪魔の再集結によって、信者が増殖する事は間違いない。悪魔が地球を恐怖のどん底に陥れる事になるので、聖飢魔Ⅱの動向には何卒ご注意頂きたい。