乃木坂46生駒もリスペクト「NARUTO」ライブにFLOW、DISH//ら大集結!
4月11日、東京・国際フォーラム ホールC。週刊少年ジャンプが世界に誇るヒット作「NARUTO-ナルト-」史上初となるライブイベントが開催された。 ミュージシャンは総勢10組。そこへ、応募総数約3万、倍率40倍をくぐり抜け当選した幸運なファンたちが集う。 開演を待ちわびる中、ナルト役の声優・竹内順子のナレーションと、アニメ映像によるライブオープニングに、一気に沸く会場内。やがてオープニング映像が流れ、7!!(セブンウップス)の演奏で幕が開いた。セットリストは『ラヴァーズ』『プリミティブ・パワー』『さよならメモリー』、全てナルトの曲で構成。 その後、ダイスケの『Moshimo』、トミタ栞『だめだめだ』、この4月からのアニメOP曲に選ばれた山猿『風』、NARUTO-ナルト-展メインテーマの吉田兄弟『PRANA』等のナルトにまつわる曲や、新曲が披露された。前半のラストを飾るのはDOES。曲は『紅蓮』に始まり、『銀魂』劇場版主題歌『バクチ・ダンサー』も飛び出すなど、“ジャンプ”作品の仲間が花を添えるような展開で、会場はさらなる熱気に包まれた。 後半もAqua Timez『真夜中のオーケストラ』や最年少10代のダンスロックバンド・DISH//『FLAME』『I Can Hear』、乃木坂46『月の大きさ』他、バラエティ豊かなメンバー、楽曲が続々。 自身もナルトの大ファンである乃木坂46・生駒里奈はライブ後のトークコーナーにも登場し、「ナルトは人生の教科書」と作品愛を全力アピール。 着ぐるみナルトとMCのアメリカザリガニ、竹内順子との絶妙な掛け合いで、ライブの合間も観客を盛り上げた。トークコーナーでは、原作者・岸本斉史からのメッセージも届き、竹内が読み上げるなどのサプライズも。 そして、この一大イベントの最後を飾るのは、数々の『NARUTO-ナルト-』の主題歌を手掛けたFLOW。『Sign』、ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』のイメージソング『光追いかけて』、『Re:member』、最後に、アニメ初期の代表曲『GO!!!』。ナルトは戦友–10年以上共に駆けぬけてきた彼らの想いとライブパフォーマンスに、会場は激しく揺れ動いた。 まさに“疾風”の如き充実の約4時間は、最高潮のまま幕を閉じた。だがこのイベントの終わりは、『NARUTO-ナルト-』との別れではない。舞台化、NARUTO-ナルト-展、原作もボルトたち新たな世代に移り、夏には劇場版の新作も公開。まだまだ祭りは終わらないんだってばよ!!(TEXT:BUNDOKIたつろう/PHOTO : hajime kamiiisaka)