VAMPS HYDEにとって意味深い全米ツアーがスタート
VAMPSが、3月23日に世界リリースされた『BLOODSUCKERS』のインターナショナル・エディションをひっさげた全米ツアーを4月8日からスタートさせた。 2013年12月に行われたニューヨーク公演から約1年半ぶりのアメリカ公演。前回は世界デビュー・アルバム『SEX BLOOD ROCK N’ ROLL』のリリース後の公演だったが、今回はVAMPSにとってリリース後のツアーだけでない、より意味深いツアーとなる。 というのもHYDEがリスペクトをしてやまない、モトリー・クルーのニッキ―・シックスが率いるSIXX:A.M.との帯同ツアーだからだ(フィンランドの実力派ロック・バンド、Apocalypticaも参戦)。 2013年以降、海外活動により重点を置く姿勢を強化してきたVAMPSだが、その海外との交流をより具体的な形で提示した2月18、19日に、日本武道館で開催した「VAMPARK FEST」にそのSIXX:A.M.を招き、“夢の共演”も果たし、ニッキ―・シックスが「VAMPSは僕らに日本の多くのロックファンの前でパフォーマンスさせてくれるチャンスをくれたんだ。今度は僕らが彼らをアメリカ・ツアーに招待して、御礼をしたいと思っている」と“招待される形で実現。 「VAMPARK FEST」からアメリカ帰国後、ニッキーはいくつかのラジオ番組出演などで、VAMPSの素晴らしさをたびたび発言、ニッキー、モトリー、SIXX:A.M.ファンに必見というメッセージを出していた。 果たして迎えたツアー初日はサンフランシスコ。会場となるR e g e n c y B a l l r o omを埋め尽くしたロック・ファンを前にVAMPSはトップとして切り込み、いつものVAMPSの大音量とともに『EVIL』で堂々と幕を明ける。日本からやってきたロックバンドを目の当たりにしたオーディエンスは興味津々といった表情でステージに目をくばる。会場にはもちろんVAMPSのファンも姿を見せており、まわりのオーディエンスを巻き込む勢いでVAMPSの登場を喜んでいた。 「Hello! San Francisco! We’ve been looking forward to this tour and now here we are! Thank you, SIXX:A.M. Thanks so much, GUYS!」(ハロー!サンフランシスコ!おれたちはこのツアーを本当に楽しみにしていたんだ、そしてついに来たぜ!このツアーを実現してくれたSIXX:A.M.に感謝、そしてみんな、本当にありがとう!)とHYDEがコメントすると、オーディエンスがビビッドに反応した。 海外メディアから定評のある『WORLD’S END』で攻撃的なパフォーマンスをみせ、続く『LIVE WIRE』では会場を巻き込み大合唱させるパフォーマンスを披露。思い切ったモトリー・クルーのカヴァーはHYDEの狙い通りの展開になった。そしてラストはロック・アンセム『SEX BLOOD ROCK N’ROLL』。全7曲、約30分のステージを一挙に駆け抜け、VAMPSのサウンド、パフォーマンスをアメリカン・ロック・ファンにみせつけ、熱狂的に受け入れられた。 HYDEは「今日はちょっと頑張り過ぎちゃったかな。ツアーは始まったばかり、ここからひとつひとつの会場で確実にファンを増やしていけるよう頑張っていきたい。」と発言し、ツアー初日の手応えを噛み締めながら、今後長く続くツアーへの意気込みをみせた。 VAMPSに続いて登場したApocalyptica、そしてトリのSIXX:A.M.まで3時間を超える公演は午後11時を超えて終了。3組のアーティストたちは休む間もなく次の公演地ラスベガスに向かうというまさに“ロックなツアー”、VAMPSが参戦する「SIXX:A.M. The Modern Vintage Tour」は4月29日のシルバー・スプリングまで続く。 ・VAMPS楽曲ならドワンゴジェイピーで!