やなわらばー発案「フォークソングの日」が公式認定へ
日本クラウンのフォーク・ニューミュージック専門レーベルPANAMの申請により、4月9日が「フォークソングの日」に認定された。 フォークソングカバーアルバム『縁唄~フォークソングとやなわらばー~』をリリースしたばかりの女性ユニットやなわらばーの発案により実現したもので、同日、新橋・フォーク酒場落陽本店にて記念日登録証授与式が開催された。 なお、記念日を認定した一般社団法人日本記念日協会によると、フォークソングという、音楽ジャンルの記念日登録は初めてになるとのこと。 フォークソング世代を親に持つやなわらばーが、よく訪れているという新橋・フォーク酒場落陽本店での、「フォークの日を作りたい」という会話から記念日登録が実現したもの。 記念日登録証授与式には、発案のやなわらばー、日本記念日協会代表理事の加瀬氏、フォーク酒場落陽本店の四元店長が出席し開催され、フォークソングカバーアルバム『縁唄~フォークソングとやなわらばー~』に収録されている『恋人もいないのに』をやなわらばーと四元店長のセッションで、続いて、『ママはフォークシンガーだった』をやなわらばーが歌唱披露した。 やなわらばーの東里梨生は、「この度は、フォークソングの日を認定していただき、嬉しく思っています。すでにフォークの日のイベントは各地で行われていると思いますが、これを機に、全国のフォークを愛するみなさんがフォークを盛り上げて頂くきっかけになれば嬉しいです。今回のアルバム「縁唄」にも、ここフォーク酒場でよく歌われている曲が入ってますが、中間の世代である私たちが、若い世代にもっとフォークの魅力を伝えて行けたらと思っています」とコメントした。