ミュージシャン=シシド・カフカに注目!斎藤工ドラマ初回放送
シシド・カフカのavex移籍後初楽曲『Don’t be love feat.斉藤和義』が、本日4/9(木)夜10時からのフジテレビ系ドラマ木曜劇場「医師たちの恋愛事情」初回放送において聴くことが出来る。 このドラマは、今最もセクシーな俳優といわれる斎藤工演じる365日24時間患者を救うことだけを考える心優しい性格で利益と権威を第一とする大学病院の体制に反発する正義感の強い外科医・守田春樹が、石田ゆり子演じる仕事に没頭するあまり婚期を逃した先輩外科医・近藤千鶴に出会い、徐々にひかれていく「医療ラブストーリー」となっている。 恋を諦めた、働く女性の複雑な心情を表現した歌詞と、斉藤和義プロデュースによる切ないミドルバラードは、期待を上回る仕上がりになっているので、ぜひ楽しみにしていて欲しい。 さらに本日、シシド・カフカの最新ビジュアルも公開となった。 撮影は写真家の平間至。アートディレクターに元タイクーングラフィックスの鈴木直之を迎え、彼女の武器であるシンバルをまるで髪飾りのように持ち、妖艶でどこか攻撃的に佇む様は、あらゆる分野で活躍する彼女を見事に表現していて貫禄すら感じるビジュアルに仕上がっている。 『Don’t be love feat.斉藤和義』(作詞:斉藤和義/シシド・カフカ、作曲:斉藤和義、プロデュース:斉藤和義)。4月29日からの楽曲配信も決定している。昨年はドラマで大注目された彼女だが、2015年は神髄でもあるミュージシャン=シシド・カフカとしての活動に期待だ。