HKT48指原がみせた「明治座公演」での革命
HKT48が指原莉乃を中心とする舞台「HKT48指原莉乃座長公演」をスタートさせた。 2部構成となり、一部ではオリジナル演劇【博多少女歌舞伎「博多の阿国の狸御殿」】、二部では歌謡ショー【HKT48ライブ「踊る!たぬき祭り」】を開催。明治座で女性アイドルグループが単独公演を行うのは初となり、話題を呼んでいる。 今回、この舞台を見た感想は、「指原莉乃とHKT48がAKB48グループの可能性を拡げた」ということ。参加メンバーは、指原莉乃を座長に、穴井千尋、今田美奈、植木南央、多田愛佳、熊沢世莉奈、兒玉遥、坂口理子、田島芽瑠、朝長美桜、松岡菜摘、宮脇咲良、村重杏奈、本村碧唯、森保まどか、矢吹奈子。芸達者なメンバーも多いが、中には「棒演技」とコンサートでもいじられる朝長美桜や最年少の矢吹奈子が参加するなど必ずしも演技が上手なメンバーだけが集められたわけではない。 一部の演劇では物語をグイグイと引っ張ったのは座長であり女優経験も抱負な指原だが、指原曰く「出るタイミングは全部一緒に出ることが多かった奈子に教えてもらった」というほどに構成を暗記し、指原との息のあった演技を見せた矢吹奈子、複雑な過去を持つ狸を熱演した多田愛佳もしっかりと強弱つけながら演技、女優としての成長が見えた宮脇咲良も好演技を魅せた。何よりも、どのメンバーもしっかりとセリフをいれこみ、「アイドルらしい劇」ではなく、「本格的な劇」を魅せていたのが驚きだった。また、今回の舞台では酒井敏也を筆頭に力のある舞台経験抱負な俳優陣がサポートしていたのも大きい。場が締まり、エンタテイメント作品としてしっかりとしたモノに仕上がっていた。 開演前の取材にて、演出を務めた横内謙介氏が「演劇を大事な柱にしていきたい」と秋元康氏が話したというエピソードを公表したが、その通りに今回の「HKT48指原莉乃座長公演」は今後のAKB48グループの可能性を広げる試みとなったと感じられる。しかも、二部「踊る!たぬき祭り」は一部の演出を受け継ぎながらLIVEというよりも「歌謡ショー」。指原莉乃の『川の流れのように』カバーから初まり、構成もHKT48のLIVEでは見られない明治座ならではの演出が多かった。 今回の「HKT48指原莉乃座長公演」は、劇あり歌ありの「大衆演劇」的なスタイルで開催というのもAKB48グループとしては珍しい…いや多分初めてに近いだろう。指原が座長としてプロデュースをしたことは間違いない。HKT48のコンサートでも、他のアイドルのカバー曲やメンバーによる寸劇を入れるなど、AKB48グループではありえなかった様々なチャレンジを繰り返し評価を得てきた「指原プロデュース」。今回の「HKT48指原莉乃座長公演」でも、特に歌謡ショーやメンバーの見せ方は指原がかなりプロデュースをしたと思われる。正直言えば、コンサートでも高い評価を受け始めた「指原HKT」が、無理に実験的な明治座での舞台にチャレンジをしなくても良かったとも思える。しかし、勢いがあるときだからこそ、様々な試みをやってしまえるのが、いまのHKT48の勢いであり強さだ。 そして、このHKT48の大成功を受け、他のAKB48グループでも旨く演劇を軸とした公演を行えるようになるのではないだろうか?AKB48グループは世界でも類を見ない程のメンバー数となり、選抜以外のメンバーの方が圧倒的に多くなっている。その中で、女優業や舞台で輝く原石がいるかもしれない。もっと言えば、時代劇、歌舞伎、歌謡ショーがハマるメンバーも居るかもしれない。そんなメンバーが大ブレイクするキッカケとなる歴史的な公演が「HKT48指原莉乃座長公演」だったと、後々語られる可能性の高い重要なイベントであることは間違いないだろう。これからのHKT48の動きがますます期待できる!(武田瑠羽) 【HKT48関連ニュースはクリック】※【クリックでゲット!】HKT48楽曲!