指原莉乃「今年一番働いた」総選挙では1位宣言!舞台はこれで最後?
HKT48が、4月8日より明治座にて「HKT48指原莉乃座長公演」をスタートする。 公演は二部構成となっており、第一部は全編書下ろしのオリジナル演劇「博多少女歌舞伎 博多の阿国の狸御殿」、第二部はHKT48ライブショー「踊る!たぬき祭り」となる。今回、初日開演前に報道関係者向けの囲み取材、公開ゲネプロを行なった。 囲み取材に登場した指原莉乃は「舞台はいままで2回しか見たことがない(オーシャンズ11、モンティ・パイソン)」また、演技には自信がないので「最後の舞台だと思っている」とまさかの弱気発言。今回の舞台は「成功したら自分の手柄にしたい」と話し失敗したら「最年少の矢吹のせいにします」とまさかの爆弾発言もした。 また演出の横内謙介氏からは「秋元康さんより舞台公演を成功させ演劇を大事な柱にしていきたい」と言われていることを発表。今後もAKB48グループで演劇コンテンツが多くなる予感か? また、指原は総選挙について「HKT48から一人でも多くランクインして欲しい」と話しながら自身は「頑張っているし、今年一番働いたと自信があるので」1位を目指すと宣言。対策としては、ファンからは「美さっしー、不さっしー」の日があると言われるので、リンパをしっかりとマッサージして小顔にして「美さっしーの日を多くしたい」と話した。 【AKBグループその他の記事はクリック】AKB48楽曲ラインナップは【クリック】