ひめキュン × LUNKHEAD 愛媛っ子対談実現
4月1日(水)に徳間ジャパン移籍第一弾アルバムとして10枚目のフルアルバム『家』をリリースしたLUNKHEADと、4月15日(水)にメジャー5枚目のシングル『TEAR DROPS』をリリースするひめキュンフルーツ缶との対談がレーベル・サイトで公開された。 LUNKHEADからは小高芳太朗(Vo/Gt)と合田悟(Ba)が参加。ひめキュンフルーツ缶からはメンバー5人全員が参加しており、ロックバンドとご当地アイドルユニットという接点がなさそうな異種同士だが、同じレコード会社徳間ジャパンに所属。どちらも新作を4月にリリース、そして両者とも愛媛出身のアーティストということもあり、その稀有な偶然を祝した記念対談となっている。 LUNKHEADとひめキュンフルーツ缶との以外な出会いや、地元愛媛にまつわるエピソードなど、両者のファンは貴重な対談をチェックしてみよう。 <対談を終えて 両アーティストからコメント>LUNKHEAD (小高芳太朗・合田悟)「ひめキュンのみんなはキュートで優しくてそして、ロックだった。アイドルとロックバンド、形は違うけれど、根底に流れる愛媛愛。共に愛媛を、音楽を、盛り上げていきたい! 一緒になにか面白いことやっていきましょう!」 ひめキュンフルーツ缶 (谷尾桜子)「今回、同郷のLUNKHEADさんと対談させて頂きました。愛媛出身とはいえ、ひめキュンは松山、LUNKHEADさんは新居浜ということでその辺のちょっとした意識の違い、裏話もとても楽しかったです。小高さんも合田さんもとても気さくでフレンドリーで、笑いを交えながらお話してくださったので、とても笑顔溢れる対談になりました。今回は対談でしたか、いつかぜひ対バンもしたいなと思いました。」 ☆ひめキュンフルーツ缶クリックで楽曲一挙聞き!