ALvino ツアーはインストアイベントと連動「感想をダイレクトに」
2月16日に活動9周年を迎えたALvinoが、4月8日(水)に2年2ヶ月ぶり通算5枚目となるアルバム『ALive』をリリースする。 KOJI(EX:La’cryma Christi)と潤(EX:PIERROT)2人のギタリストを軸に、ヴォーカルのShotaを加えた3人がALvinoのメンバーだ。 最新作には、アルバムのために書き下ろした新曲から、2年間のライブを通して生まれ、演奏してきた楽曲。さらに、昨年12月に行った全国ツアーの際に会場限定で発売したシングルに入れた、KOJIと潤それぞれの手による2つのクリスマスナンバー『冬の天使』『White Heart』も収録している。 最新アルバム『ALive』に詰め込んだ曲たちに共通しているのが、「生きる/継続する/生き生きとした/A Live」という想い。メンバーの言葉を借りるなら、「好きなことをやりながらも、その中で生まれる苦労や苦悩、幸せなど、いろんな想いを噛みしめ、すべてを前向きに受け止め先へ進んで(ALIVEして)ゆく」(潤)歌たちということだ。 完成したアルバム『ALive』に対し、メンバーは「10年後に歌詞を読んだら「青臭いな」と思える作品になった。そう思えるのも、自分たちが音楽に対して素直に向き合い、そして作りあげた作品だから」(KOJI)。「今の俺たちの想いをしっかりと詰め込んだ最高の作品になった」(Shota)。と語ってくれた。 ALvinoはこのアルバムを手に、これから全国ツアー「2015 Birthday Limited Live Tour “Chord「Birth」”」をスタートさせる。今回、場所によってはインストアイベントも同時に組み込んでいる。これも、「ライブとインストアを同じ時期に行うことで、ファンの人たちも、よりテンションの上がった状態でALvinoに触れてもらえるんじゃないか」(KOJI)というメンバーの想いから組み込まれたこと。 「作品についての感想をダイレクトに聞けるのって、すごく嬉しいことなんですね。人によって思った感想や聞きどころだって違うじゃないですか。その言葉が、次の作品のヒントになったり、僕らの前へ進む原動力にだって変わっていきますからね」(潤)と語るように、ぜひ、アルバム『ALive』を耳にし、その感想の声を、彼らと直接触れながら届けて欲しい。 今回のツアー中には、KOJIと潤の誕生日当日のライブも組み込まれている。それらも含め、アルバム『ALive』の世界観を思いきり堪能していただきたい。最後に、メンバーから全国ツアー「2015 Birthday Limited Live Tour “Chord「Birth」”」へ向けた想いを記しておこう。 「今回は、僕と潤の誕生日当日のライブも含めていることから「2015 Birthday Limited Live Tour “Chord「Birth」”」と銘打ってはいるんですけど。この『ALive』というアルバムが、ファンの人たちへのプレゼントになればいいなという気持ちを強く持っているからこそ、新曲たちをガンガン演奏していくライブになるでしょうね。とにかく、今のALvinoの最高の状態を持ってツアーをまわります。来年は、ALvinoが結成10周年を迎える年。9年活動してきてアルバム5枚というのも少ないかな??と思ったので、早くも、次どんな作品を作ろうかメンバー内で話しあっているように、ツアーを終えた先の展開も含め、楽しみにしていてください」(KOJI)(TEXT:長澤智典)