AKB48 チーム8が1周年記念公演で魅せた進化
4月3日、東京ドームシティホールで「TOYOTA presents AKB48 チーム8全国ツアー〜47の素敵な街へ〜 チーム8結成1周年記念特別公演 in 東京」が開催され、2000人を超えるファンが集結した。 1周年記念特別公演は、まさにスペシャル公演。予想を裏切る驚きいっぱいのセットリストとなった。 まずは、前座として太田奈緒(京都府代表)と山田菜々美(兵庫県代表)が登場し、「AKBINGO!」から生まれたオリジナル曲『15の春』を披露。続いて、メンバーの手描き文字が可愛く踊る映像とともに流れる「Overture」に乗せて登場したのは、学校の先生に扮したおぎやはぎ・小木博明とチーム8メンバー。コンサートはまさかの学園コントでの幕開けとなった。 チーム8のオリジナル曲やAKB48の大ヒット曲の数々を、エリアで分けられたメンバーたちが続々と披露する中、レニー・ハートさんの呼び込みの声とともに登場したメンバーは、しばらく空席だった福岡県代表に新たに選ばれた吉田華恋(12歳)。ソロ曲である『ロマンスかくれんぼ』を緊張しながらも堂々とパフォーマンスした。 アンコール開けは、先日さいたまスーパーアリーナで行われた<AKB48 春の単独コンサート〜ジキソー未だ修行中!〜>で発表された、チーム8メンバー10名からなる新ユニットが登場し、オリジナル曲『汚れている真実』を初披露。この曲は5月20日に発売されるAKB48の40thシングル『僕たちは戦わない』のカップリングとして収録される新曲で、今までのチームカラーである「フレッシュ!」「元気!」とはうって変って、大人になっていくにつれて見えてくるものごとをしっかりとしっかりと受け止め、勇気を持って自分の色を持って立ち向かっていこうという、未来への決意を伺わせる、とても力強い楽曲になっており、チーム8の新しい可能性を感じさせる楽曲だ。 3時間にもわたるステージ終了後には、高橋栄樹監督によるチーム8の記録映像「AKB48 チーム8 1年間のキセキ(Short ver.)」が上映された。 また、公演中には、関根勤、又吉直樹(ピース)、澤部佑(ハライチ)、バッドボーイズ、トップリードといったチーム8メンバーにとって縁のある面々からのお祝いコメントも紹介され、1周年公演に花を添えた。 【福岡県代表、吉田華恋・初出演を終えての感想】 楽しかったです 。 いろ不安だったけど 、会場のお客さんがすごく盛り上ってだ、 「かれーん!」って呼で くれたの、緊張していた 気持ちもどっかに吹飛んじゃま。 これから一生懸命がんばるので、応援してください 。よろしくお願います 。 【東京都代表・小栗有以】今日は、チーム8の大切な一周年記念公演でそれが東京でできてとても嬉しかったです! 最初の47の素敵な街へではセンターをつとめさせていただきましたー! すごく嬉しくて楽しかったです! 今回の、一周年記念。ゆいも、チーム8メンバー46人も最高の思い出になったと思います! 今日来てくれた皆さん、本当に本当に本当にありがとうございましたー!! (C)AKS 【AKBグループその他の記事はクリック】AKB48楽曲ラインナップは【クリック】