リアーナ メディアも大絶賛の新曲を発表
リアーナ通算8作目、来るニュー・アルバムから新曲『ビッチ・ベター・ハヴ・マイ・マネー』(略称:BBHMM)が発売。 リアーナ本人のInstagramでジャケット写真が突如公開され、“ニュー・アルバムのジャケットか?!”と全世界の注目を浴びた本作、その後「Dubsmash」という音源に合わせてクチパク動画が作成できるアプリでサプライズ公開され、発売となった。 カニエ・ウェストと新人デピュティによる共同プロデュースで、発売後早くもアメリカ含む世界33カ国で1位を獲得。 海外メディアは、「この曲は来年もそれ以降もクラブで爆発的に鳴り響くだろう。(ビルボード)」「この曲のサウンドはファンがまさに待ちに待っていたものであり、クラブのバイブスを呼び戻し、彼女らしく自信を示している。(コンプレックス)」「彼女の声・表現力は新たな高みに達しているように思われる。(タイム)」「素晴らしい。強い意志を持った自信に満ち溢れるリアーナであり、ベスト・リアーナであり、私達が待っていたリアーナである。(ノイジー)」(一部抜粋)と、各メディア絶賛する反応を示している。 リアーナ本人が、海外メディアによるインタビューで「今後15年パフォーマンスできる楽曲・アルバムが欲しかった。私は私らしい、タイムレスな楽曲を作りたい。(一部抜粋)」とコメントしているように、本来の彼女が表現された作品であり、ニュー・アルバムのリリースが期待される。 リアーナは今年頭にリリースされたポール・マッカートニーとカニエ・ウェストとのコラボによるシングル『」フォー・ファイヴ・セカンズ』で、この10年間で全米シングルチャート・トップ10に26曲もチャートインした唯一のアーティストとなった。 その最強コラボに続く新曲『ビッチ・ベター・ハヴ・マイ・マネー』、早くも3月29日に行われたラジオ界最大規模の音楽授賞式「アイハート・ラジオ・ミュージック・アワード2015」での初パフォーマンス映像が到着している。ヘリコプターで登場し降り立ったリアーナが、緑を基調にしたコーディネイトで激しくエモーショナルに歌唱する映像となっている。要チェックだ。