浅香唯30周年コンプリートBOX発売決定!握手会イベントも
80年代「アイドル四天王」のひとりとも言われていた浅香唯が、今年6月21日にデビュー30周年を迎える。 中学卒業と同時に上京し、すぐにトップアイドルへとのぼりつめ、TVドラマ「スケバン刑事Ⅲ 少女忍法帖伝奇」の主役(三代目麻宮サキ)で一世を風靡し、その後カネボウ化粧品のCMキャラクターに選ばれ、そのキャンペーンソング『C-Girl』が大ヒットを記録。その後女優やタレントとしてなどさまざまなキャリアを積みあげて行った浅香唯だが、歌うことから決して離れることなく、デビューから30年を迎える今年の節目までで、 自身が歌った曲は約180曲にのぼる。 そんな彼女の30年の音楽の歴史が詰まった「コンプリートボックス」が6月17日に発売される。 全15枚のCDに、最新デジタルリマスター音源にて約180曲が収録され、またこのメモリアルイヤーを記念し、浅香唯の今を表現した新曲も収録されることが決まった。 その他、未公開カット多数で30年を振り返ることができる写真集をはじめ、様々な貴重な特典が入ったボックスだが、注目すべきは「浅香唯本人と握手ができ、2ショット写メが撮れる」イベント参加券。 浅香唯本人も「何年ぶりだろう?いや、何十年ぶりかも?」と首をかしげるほど久しぶりで、これまであまり実施されなかった貴重なイベントとなる。これは、長きにわたり浅香唯を愛したファンの皆様へ、直接お礼を言うことができる機会として本人も快諾し、実現した。 また7月19日、20日にはスケバン刑事Ⅲで風間三姉妹として人気を博した浅香唯、大西結花、中村由真の3名が集結した三姉妹コンサートも開催。これを記念し、当時彼女たちが歌った「スケバン刑事Ⅲ」の主題歌や挿入歌を集めた『スケバン刑事Ⅲ「風間三姉妹」ザ・ベスト-Re Member-』も同日発売。 現在、多くのアイドルが存在しているが、30年間歌い続けることは決して容易なことではない。それを成し遂げた浅香唯の30年の成長の歴史を感じつつ、新曲とともに彼女の未来を感じてほしい。